バニリルマンデリン酸

出典: meddic

vanillylmandelic acid, VMA
バニルマンデリン酸, 4-hydroxy-3-methoxymandelic acid
[show details]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

バニリルマンデリン酸 バニリルマンデル酸 バニルマンデリン酸 概念ツリー: 有機化合物 Organic Chemical カルボン酸 Carboxylic Acid 炭素環状酸 Carbocyclic Acid マンデル酸 Mandelic Acid バニリルマンデル酸 Vanillylmandelic Acid ...
患者の場合、尿中メタネフリンあるいはバニリルマンデリン酸の50%以上の減少を目標とする。 12 歳以下の子供へのDEMSER の使用は、保証の限りではない。 「医療上の必要性に 係る基準」への該当 性に関するWG の評 価 褐色細胞 ...


★リンクテーブル★
先読みVMA」「vanillylmandelic acid
リンク元カテコールアミン」「4-hydroxy-3-methoxymandelic acid」「バニルマンデリン酸
関連記事リン」「」「マン

VMA」

  [★] バニリルマンデル酸 vanillylmandelic acid


vanillylmandelic acid」

  [★] バニリルマンデル酸 VMA


カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






4-hydroxy-3-methoxymandelic acid」

  [★] バニリルマンデリン酸


バニルマンデリン酸」

  [★] バニリルマンデリン酸


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

マン」

  [★]

man, Mann





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡