バッテン病

出典: meddic

Batten diseaseBatten's disease
神経セロイドリポフスチン症Batten病

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新規プロテアーゼファミリー、セドリシンの発見

関連リンク

また、シュピールマイアー・フォークト病は別名、Batten disease(バッテン病)として知られ、‘Batten disease’は、1903年に英国の小児科医、Battenが脳変性の家族のうちの網膜変化を持つ2例を報告したのが ...
バッテン病は (もSpielmeyer -フォークト-シェーグレン-バッテン病として知られている)小児期に始まるまれな、致命的な常染色体劣性の神経変性疾患である。それが神経セロイドリポフスチン症(またはNCLS)と呼ばれる疾患群の最も一般的な ...
より多くのバッテン病を識別することがまだなく、最初の1903年にそれを説明する英国の小児科医にちなんで命名されており、神経セロイドリポフスチンのlipofuscinosesを(またはNCLSと呼ばれる疾患群の一つである

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元神経セロイドリポフスチン症」「Batten病
関連記事

神経セロイドリポフスチン症」

  [★]

neuronal ceroid-lipofuscinosis
バッテン病


Batten病」

  [★]

Batten disease
バッテン病

病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡