バイオアベイラビリティ

出典: meddic

bioavailability
生体利用度生物学的利用能生物学的利用率生体利用能バイオアベイラビリティー


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/10 21:09:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 土-P2-147 プレガバリン坐剤の調製とバイオアベイラビリティの評価(一般演題 ポスター発表,院内製剤・薬局製剤1,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)
  • 櫻井 利成,新井 成俊,村田 勇,井上 裕,木村 昌行,金本 郁男
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 23, 276, 2013-08-28
  • NAID 110009796404
  • ジェネリック医薬品の承認取得を目的とした治験の特徴 : 先発医薬品との生物学的同等性試験 (特集 治験や承認基準を知ってこそ薬の適正使用が推進できる!)
  • 小川 志麻,上野 眞義
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 55(5), 761-765, 2013-05
  • NAID 40019680440
  • 『超微量投与で最良の医薬品候補を選ぶ』 創薬におけるマイクロドーズ臨床試験の有用性
  • 山浦 由之
  • 日本薬理学雑誌 141(3), 126-130, 2013
  • … ONO-AE4-499を投与し,HPLC分画後に加速器質量分析計(AMS)を用いて分析した.また,ヒトの経口吸収性が低かった場合にその原因を考察し,新たな化合物の創出に活かすため,静脈内投与を実施し,バイオアベイラビリティ(BA)および肝初回通過代謝を評価した.ヒトのBAは10.5%と高くはなかったが,個体間変動は小さく,推定臨床投与量もコストの適合範囲と考えられた.血漿および尿中の毒性代謝物は検出限界未満 …
  • NAID 130003362538

関連リンク

当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 バイオアベイラビリティ
患者の為の治験・臨床試験ポータルサイト。患者サイドに立って治験及び臨床試験に関する情報を提供。 ... バイオアベイラビリティ バイオアベイラビリティ(bioavailability) 薬物の製剤からの利用性を評価する概念。 投与 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元生体利用能」「生物学的利用率」「生物学的利用能
拡張検索バイオアベイラビリティー」「経口バイオアベイラビリティ
関連記事イオ

生体利用能」

  [★]

bioavailability
生体利用度生物学的利用能バイオアベイラビリティ生物学的利用率バイオアベイラビリティー


生物学的利用率」

  [★]

bioavailability
生体利用度生物学的利用能バイオアベイラビリティ生体利用能バイオアベイラビリティー


生物学的利用能」

  [★]

bioavailability
生体利用度バイオアベイラビリティ生物学的利用率生体利用能バイオアベイラビリティー

バイオアベイラビリティー」

  [★]

bioavailability
生体利用度生物学的利用能バイオアベイラビリティ生物学的利用率生体利用能


経口バイオアベイラビリティ」

  [★]

oral bioavailability


イオ」

  [★]

Io
カリストユーロパガニメデ木星




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡