ハンタウイルス

出典: meddic

hantavirus
ハンタウイルス属, 腎症候性出血熱ウイルス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/08 23:46:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウイルス感染症 ハンタウイルス (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 感染症関連検査(抗原および抗体を含む))
  • ハンタウイルス感染症の疫学
  • ウイルスハンター--ウイルスの生きざまを見つめて (特集 ウイルス--その多様性と謎に満ちた存在)

関連リンク

種 Andes virus (ANDV) Bayou virus (BAYV) Black Creek Canal virus (BCCV) Cano Delgadito virus (CADV) Dobrava-Belgrade virus (DOBV) El Moro Canyon virus (ELMCV) Hantaan virus (HTNV) Isla Vista virus (ISLAV) Khabarovsk virus (KHAV)
疫学 ハンタウイルスは現在、少なくとも23の血清型若しくは遺伝子型に分類されている。特徴的な点は、それぞれの型ごとに特有の種類のネズミが自然宿主となっていることである。そのうち、4種類がHFRS原因ウイルスであり、ドブネズミ ...

関連画像

ハンタウイルス肺症候群で2人 ハンタウイルス感染症に対して ② ハンタウイルス肺症候群  科 の ハンタウイルス属ハンタウイルス肺症候群感染症 ハンタウイルス


★リンクテーブル★
リンク元ハンタウイルス属」「自然宿主」「ハンタウイルス肺症候群」「腎症候性出血熱」「hantavirus
拡張検索ハンタウイルス感染」「ハンタウイルス感染症」「ハンタウイルス性肺感染」「ハンタウイルス性肺感染症」「ハンタウイルス性肺症候群
関連記事ウイルス」「タウ

ハンタウイルス属」

  [★]

hantavirus, genus hantavirus
ウイルス


ハンタウイルス属

ハンタウイルス感染症

  HFRS HPS
Hantaan Seoul Puumala Sin Nombre
分布 アジア 世界 北欧 米国
自然宿主 アポデムス ドブネズミ ヤチネズミ シカシロアシネズミ
発症部位 腎性 肺性
発症程度 中。重症 軽症 重症
死亡率 5-15% 0.01 <0.1% 0.6
疾患名 韓国型出血熱 腎症候性出血熱 nephropathia epidermica ハンタウイルス肺症候群

自然宿主」

  [★]

natural host, natural reservoir?
宿主
  • 自然界で宿主となっている生物
  • Natural reservoir or nidus, refers to the long-term host of the pathogen of an infectious disease.
  • It is often the case that hosts do not get the disease carried by the pathogen or it is carried as a subclinical infection and so asymptomatic and non-lethal.
  • Once discovered, natural reservoirs elucidate the complete life cycle of infectious diseases, providing effective prevention and control.

参考

ハンタウイルス肺症候群」

  [★]

hantavirus pulmonary syndrome, HPS
ハンタウイルスシンノンブルウイルス



腎症候性出血熱」

  [★]

hemorrhagic fever with renal syndrome, haemorrhagic fever with renal syndrome, HFRS
ハンタウイルス
epidemic hemorrhagic feverhemorrhagic fever with renal syndromenephropathia epidemica




hantavirus」

  [★]

  • ハンタウイルス
Andes virushantaviral


ハンタウイルス感染」

  [★]

hantavirus infectionhantaviral infection
ハンタウイルス感染症

ハンタウイルス感染症」

  [★]

hantavirus infectionhantaviral infection
ハンタウイルス感染

ハンタウイルス性肺感染」

  [★]

hantavirus pulmonary infection
ハンタウイルス性肺感染症

ハンタウイルス性肺感染症」

  [★]

hantavirus pulmonary infection
ハンタウイルス性肺感染

ハンタウイルス性肺症候群」

  [★]

hantavirus pulmonary syndrome
ハンタウイルス肺症候群

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




タウ」

  [★]

tau
タウ蛋白質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡