ハッチンソン手技

出典: meddic

(国試)Hutchinson手技、Hutchinson整復術
腸重積絞扼性イレウス回盲部腸重積症

  • 腸重積における用手的整復術
  • 肛門側から口側へ先進部を押し戻す。(YN.A-98) ← 「口側を引っ張らない」のですね

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 直腸癌による穿孔を伴った成人腸重積症の1例
  • 鈴木 大亮,嶋村 文彦,宮崎 勝
  • 日本消化器外科学会雑誌 43(3), 288-292, 2010-03-01
  • … ,多量の腹水,腹腔内遊離ガス像および上部直腸に重積腸管を認めた.直腸腫瘍による腸重積,および腸管穿孔,汎発性腹膜炎の診断にて緊急手術を施行した.腹腔内に多量の便汁および,上部直腸に直腸腫瘍,重積腸管を認め,ハッチンソン手技にてこれを解除すると,腫瘍の口側に2cm大の穿孔部を認めた.Hartmann手術,洗浄ドレナージ術を施行した.直腸癌による穿孔を伴った腸重積症はまれであり,若干の文献的考察を加え報告する. …
  • NAID 110007574879
  • 腸重積症治療における腹腔鏡下整復術の意義
  • 佐藤 正人,浜田 吉則,棚野 晃秀,井上 健太郎,福田 秀明,高田 晃平,日置 紘士郎
  • 日本小児外科学会雑誌 37(1), 47-51, 2001-02-20
  • … 【目的・方法】1996年7月より, われわれは非観血的整復が不可能であった腸重積症患児8例に対し腹腔鏡下腸重積整復術を試みてきた.それ以前の開腹腸重積整復術(ハッチンソン手技)施行症例14例において手術時間, 入院期間などを比較検討することにより, 腸重積症治療における腹腔鏡下腸重積整復術の意義を検討した.【結果】手術時間は腹腔鏡下腸重積整復術完遂症例(以下LR)において70分から110分(87.0±17.9分)であり, …
  • NAID 110002111736

関連リンク

開腹後、重積腸管の先進部を用手的に押し戻す操作(Hutchinson手技)を行いますが、重積解除不能例や解除後に血行障害が強い例では、腸切除を行います。 整復後は最低24時間の入院管理が原則 です。再発する率が数~20%ぐらい ...
眼内レンズ縫着術 眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため ...

関連画像

☆ 小腸・大腸 ☆ m27


★リンクテーブル★
先読み絞扼性イレウス」「回盲部腸重積症
リンク元腸重積」「Hutchinson手技

絞扼性イレウス」

  [★]

strangulation of the intestine, strangulation ileus
複雑性イレウス complex obstruction


回盲部腸重積症」

  [★]

ileocecal intussusception
回盲腸重積嵌頓


腸重積」

  [★]

intussusception, invagination, telescoped bowel
invaginatio, intussusceptis
腸重積症腸重畳症腸重鞘症
ICD-10
K56.1
絞扼性イレウス
[show details]

概念

  • 口側腸管が肛門側腸管内に嵌入。絞扼性イレウスの一種 ← 腸間膜が陥入部位で絞扼され腸管の血行障害をきたす
  • 回腸が結腸に嵌入するものが最も多い
  • 腹痛、嘔吐、血便が特徴的。

疫学

  • 男女比2:1で男児に多い (小児科学第2版 p.1035)
  • 2歳以下の乳幼児に認められ、特に4-9ヶ月の乳児に好発 (小児科学第2版 p.1035)
  • 6か月-2歳児までに多い。男児に多い。
  • それ以降では基礎疾患の存在が疑われる:polyp、Meckel憩室、悪性リンパ腫など

好発部位

  • 回盲部。
  • 回盲部が大腸に引き込まれる
  • 回盲部腸重積は10歳以下、特に1歳以下の乳幼児に多く見られる(SSUR.555)

病因

  • 何らかの誘因(ポリープ等)により、肛門側の腸の蠕動運動より口側の腸管がはまりこんでしまうことが原因
  • 特に成人の場合は腸管の腫瘍が原因となることが少なくない。潰瘍、継室でも起こりうる。(SSUR.555)

病態

  • 口側腸管の虚血。
  • 腹痛、嘔吐、粘血便(イチゴゼリー様)、

症候

  • 3主徴:腹痛、嘔吐、粘血便
  • 血便(粘血便)
  • 腸管陥入による患部の出血や浮腫による
  • 嘔吐、腹痛
  • 腹膜刺激による
  • 腹部腫瘤(上腹部に多い)
  • Dance徴候(回盲部が陥凹。右下腹部に空虚な部分が出現。右下腹部にある回盲部が上行結腸に引き込まれるため、本来あるはずの回盲部が右下腹部からなくなり、基本的身体検査で空虚に感じられる)
  • 間欠的啼泣:啼泣は間欠的で、その後ぐったりとしている:肛門側腸が2-3時間おきに蠕動するため。

診断

  • 血便の確認
  • 注腸造影
  • 口側腸管の嵌入先進部:蟹爪状/カニ爪様陰影、杯状、手風琴様陰影欠損
  • 超音波検査
  • CT

治療

  • (小児例)
  • 非観血的整復:バリウムや空気にて整復。
  • 手術:24時間以上経過例、小腸-小腸型、あるいは腸管の穿孔のおそれがあるときに適応
  • (成人例)
  • 手術的かつ用手的に重積を解除(ハッチンソン手技)
  • 腫瘍が原因であれば、腸管切除

参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%B8%E9%87%8D%E7%A9%8D
  • blogspot.com
[display]http://healthforworld.blogspot.com/2008/11/intussusception.html

国試



Hutchinson手技」

  [★] ハッチンソン手技




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡