ハインリッヒの法則

出典: meddic

Heinrich's law
[[]]


参考


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/20 11:02:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 事故から学ぶリスクの低減(30)ハインリッヒの「産業災害防止論」 : 再びハインリッヒの法則を考える
  • 事故から学ぶリスクの低減(28)重大事故防止とハインリッヒの法則
  • 保育所実習におけるリスクマネジメント

関連リンク

ハインリッヒの法則とは ハインリッヒの法則というものをご存知でしょうか。この法則は、労働災害における経験則の1つであり、 1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則です。
1:29:300の法則とは、労働災害における経験則のひとつで、1件の重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというものです。この法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ ...

関連画像

ハインリッヒ の 法則 は ハインリッヒの法則ハインリッヒの法則_図図 ハインリッヒ の 法則図 1 ハインリッヒ の 法則ソーシャル メディア 上 の


★リンクテーブル★
リンク元インシデント」「アクシデント
関連記事法則

インシデント」

  [★]

incident
アクシデント、インシデント・アクシデントレポート、ハインリッヒの法則

概念

  • 米国の医療機関で用いられているインシデントレポートの「インシデント」とは、いわゆる「出来事」という意味で、医療事故の事例も潜在的医療事故の事例に含まれており、決して潜在的事故のみに限定した物ではない(ヘルスケアリスクマネジメント 第1版 医学書院 p.101)
  • 次のようなものをインシデントと呼ぶ:(1)患者には実施されなかったが、実施された場合に何らかの被害が予想される場合、(2)患者には実施されたが、結果的に被害がなく、その後の観察が不要であった場合  →  被害が生ずれば医療事故


医療事故と潜在的医療事故の定義 (ヘルスケアリスクマネジメント 第1版 医学書院 p.101)

学術的分類 不可抗力や医薬品/輸血による副作用 エラー
エラーによる医療事故 幸運事例 発見・訂正事例
  医療事故 医療事故になる可能性のあったもの
厚生省報告書 アクシデント   インシデント  
国立大学医学部付属病院長会議 事故 ニアミス
  • 例えば、"ヒヤリ・ハット"事例

  • 患者に誤って2倍量の薬剤を投与したが、制限量の範囲内であり、患者にも悪影響がなかった。
  • 誤って隣の患者の薬剤を投与し掛けたが、患者に指摘されて気づいた
  • 成分は同じであるが、商品名の異なる輸液を点滴した。
  • 患者が病棟内で転倒したが、怪我はなかった


アクシデント」

  [★]

accident
医療事故
インシデントハインリッヒの法則医療過誤

定義

  • インシデントのうち、
  • (1) 過失があり
  • (2) 患者に一定以上の障害があり ← 何らかの影響が患者に残る
  • (3) (1),(2)に因果関係がある物
(1)の要件は不要???
SUB12.11
  • 過失の有無を問わず、医療の全過程において発生した人身事故。

医療事故と潜在的医療事故の定義 (ヘルスケアリスクマネジメント 第1版 医学書院 p.101)

学術的分類 不可抗力や医薬品/輸血による副作用 エラー
エラーによる医療事故 幸運事例 発見・訂正事例
  医療事故 医療事故になる可能性のあったもの
厚生省報告書 アクシデント   インシデント  
国立大学医学部付属病院長会議 事故 ニアミス

  • 右腎癌患者から誤って左腎を摘出した ← 影響が患者に残るため。医療過誤
  • 患者が病棟内で転倒して骨折した ← 患者に一定以上の影響が生じたため。状況に応じて医療過誤or医療事故


法則」

  [★]

rule
規定ルール規則





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡