ハイブリドーマ

出典: meddic

hybridoma
融合細胞腫雑種細胞腫


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/05 18:59:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2P-2138 モノクローナル抗体を高分泌するハイブリドーマの全自動1細胞単離(6b 培養工学,一般演題,生物化学工学,伝統の技と先端科学技術の融合)
  • 木田 晶子,良元 伸男,黒田 俊一
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成22年度, 127, 2010-09-25
  • NAID 110008084825
  • 培養バッグを用いた簡便かつ効率的なモノクローナル抗体の生産
  • 関根 俊昭,鈴木 小城,木下 博保,吉田 芳哉,橋本 正勝
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 87(9), 437-441, 2009-09-25
  • 動物保護の観点から,腹水化が困難となりつつある現状において,ハイブリドーマからMAbを多く得るためには,無血清培地による大量培養もしくは高価な培養容器などを用いる必要がある.そこで,著者らはガス透過性を有するポリエチレンフィルムで成型された培養バッグでハイブリドーマを培養することにより,培養フラスコに比べ,安価かつ簡便に高収量のIgGを得ることができた.このときのIgG産生は,フラスコ培養の48. …
  • NAID 110007387599

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ハイブリドーマの用語解説 - 種類の異なる2つの細胞を融合して作る雑種細胞。狭義には抗体を産生するB細胞と人工的に培養可能な骨髄腫 (しゅ) 細胞を融合させて作った雑種細胞のことをいう。
(細胞融合・ハイブリドーマ形成) 形質細胞とは、抗体を産生する細胞のことである。(形質細胞の腫瘍細胞=ミエローマ) うまい具合に抗体産生細胞と腫瘍細胞が細胞融合してくれればいいが、抗体産生細胞同士や腫瘍細胞同士が PEGや ...
... とBリンパ球を細胞融合して、生体外で培養もでき、抗体も産生できる細胞、すなわちハイブリドーマを作成することが考え出されました。ハイブリドーマは抗体を産生し、なおかつ生体外において無限に増殖することができます ...

関連画像

ハイブリドーマ作製用試薬ハイブリドーマ法の流れベクトラセル 抗体産生テスト 図4-1 ポリクローナル抗体の  の作製・ ハイブリドーマハイブリドーマHB4C5細胞の

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤

販売名

バイクロット配合静注用

組成

  • 1バイアル中の組成は下記のとおりである。

有効成分
活性化人血液凝固第VII因子

  • 1.56mg

有効成分
人血液凝固第X因子

  • 15.6mg

添加物
人血清アルブミン

  • 52mg

添加物
人アンチトロンビンIII

  • 2.6国際単位

添加物
クエン酸ナトリウム水和物

  • 7.54mg

添加物
塩化ナトリウム

  • 15.08mg

添加物
精製白糖

  • 78mg

添加物
ポリソルベート80

  • 0.13mg

添加物
pH調節剤

  • 適量
  •  

添付溶剤
日本薬局方注射用水

  • 2.5mL
  • 注)注射液吸引時の損失を考慮し、1バイアルから活性化人血液凝固第VII因子として1.5mg、人血液凝固第X因子として15mgを注射するに足る量を確保するために過量充てんされている。添付の溶剤(日本薬局方注射用水)2.5mLで溶解したとき、活性化人血液凝固第VII因子は0.6mg/mL、人血液凝固第X因子は6.0mg/mLとなる。
  •  
  • 本剤の有効成分である活性化人血液凝固第VII因子及び人血液凝固第X因子、添加物の人血清アルブミン及び人アンチトロンビンIIIは、ヒトの血液(採取国:日本、採血方法:献血)を原材料としている。
  • 本剤は製造工程において、マウスハイブリドーマ細胞株由来のモノクローナル抗体及びブタの腸粘膜由来成分(ヘパリンナトリウム)を使用している。

効能または効果

  • 血液凝固第VIII因子又は第IX因子に対するインヒビターを保有する患者の出血抑制
  • 本剤1バイアルを添付の日本薬局方注射用水2.5mLで溶解する。活性化人血液凝固第VII因子として、体重1kg当たり症状に応じて1回60〜120μgを2〜6分かけて緩徐に静脈内に注射する。追加投与は、8時間以上の間隔をあけて行い、初回投与の用量と合わせて、体重1kg当たり180μgを超えないこととする。
  • 出血頻度の低減を目的とした定期的な投与は避けること。
  • 本剤1バイアルを添付の日本薬局方注射用水2.5mLで溶解して、活性化人血液凝固第VII因子として0.6mg/mLの濃度とした後、必要量を投与すること。
  • 初回投与から36時間以内の本剤投与は追加投与として取り扱うこと。
  • 追加投与は1回とし、十分な効果が得られない場合には、血液凝固第X因子の蓄積を考慮した上で、他の対処方法も考慮すること。
  • 追加投与の後、次に本剤を投与するまでの間隔は、48時間以上あけること。

慎重投与

  • DIC患者及びDICを起こしやすいとされている患者(大手術後、重症の肝疾患、溶血性貧血等)
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)の悪化又はDIC誘発のおそれがある。
  • 溶血性・失血性貧血等の患者
  • ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。
  • 免疫不全患者・免疫抑制状態の患者
  • ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

薬効薬理

  • in vitro試験において、本剤は、第VIII因子インヒビター血漿及び第IX因子欠乏血漿のAPTT、PTの短縮、凝固加速度の増強及びトロンビン生産能の亢進を示した2)
  • また、抗第VIII因子抗体の投与により作製した血友病Aインヒビターモデルマウス、抗第IX因子抗体の投与により作製した血友病Bインヒビターモデルマウス又はサル3)において、本剤投与による出血時間の改善が認められた。


★リンクテーブル★
リンク元hybridoma」「融合細胞」「雑種細胞腫」「融合細胞腫
拡張検索ハイブリドーマ細胞
関連記事ハイブリ

hybridoma」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a hybrid cell resulting from the fusion of a lymphocyte and a tumor cell; used to culture a specific monoclonal antibody」


融合細胞」

  [★]

hybrid cell, fused cells
ハイブリドーマ hybridoma cell


雑種細胞腫」

  [★]

hybridoma
ハイブリドーマ融合細胞腫

融合細胞腫」

  [★]

hybridoma
ハイブリドーマ雑種細胞腫

ハイブリドーマ細胞」

  [★]

[[]]
hybridoma cell
[[]]
hybridoma cell


ハイブリ」

  [★]

hybridization
交雑雑種形成ハイブリダイゼーションハイブリッド形成ハイブリッド形成法混成ハイブリダイゼーション法



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡