ハイカリックRF

出典: meddic

糖類剤



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

テルモの医療関係者向け情報サイトです。医療用医薬品、医療機器の製品情報をはじめ医療に役立つ情報を提供しています。このページではハイカリックRF輸液の製品情報をご紹介しています。
This website is the medical digestive review . ... ハイカリックRF輸液 (500mL) 1袋 500mL中 1000kcal ハイカリックRFは カリウムを含まず ナトリウムやクロールなども腎不全患者や透析患者用に極力少なくした特別な輸液です。

関連画像

ハイカリックRF輸液 10袋製造販売元東京都渋谷区幡ヶ谷 ハイカリックRFハイカリックRFハイカリックRF輸液

添付文書

薬効分類名

  • 高カロリー輸液用基本液

販売名

  • ハイカリックRF輸液 (250mL)

組成

成分・分量〉
 有効成分 1袋 250mL中

  • ブドウ糖 125g
    塩化ナトリウム 0.2925g
    塩化マグネシウム 0.1525g
    グルコン酸カルシウム水和物 0.3375g
    L-乳酸ナトリウム液 1.68g
    (L-乳酸ナトリウムとして) (0.84g)
    硫酸亜鉛水和物 1.45mg

 添加物 1袋 250mL中

  • 希塩酸(pH調節剤) 適量

電解質量〉 1袋 250mL中

  • Na+ 12.5mEq
    Mg2+ 1.5mEq
    Ca2+ 1.5mEq
    Cl- 7.5mEq
    L-Lactate- 7.5mEq
    Gluconate- 1.5mEq
    Zn 5μmol

熱量〉 1袋 250mL中

  • 500kcal

禁忌

  • 乳酸血症の患者

[乳酸血症が悪化するおそれがある.]

  • 高ナトリウム血症の患者

[高ナトリウム血症が悪化するおそれがある.]

  • 高クロール血症の患者

[高クロール血症が悪化するおそれがある.]

  • 高マグネシウム血症,甲状腺機能低下症の患者

[高マグネシウム血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高カルシウム血症の患者

[高カルシウム血症が悪化するおそれがある.]

  • 肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれのある患者

[混注するアミノ酸注射液により,肝性昏睡が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 遺伝性果糖不耐症の患者 (ソルビトールを含有するアミノ酸注射液を混合した場合)

[ソルビトールを配合するアミノ酸注射液を混合した場合,果糖尿,果糖血症が誘発されるおそれがある.]

効能または効果

  • 経口,経腸管栄養補給が不能又は不十分で,経中心静脈栄養に頼らざるを得ない場合の水分,電解質,カロリー補給 (腎不全等による高カリウム血症,高リン血症の患者又はそのおそれのある患者に限る).
  • 本剤はナトリウム,マグネシウム,カルシウム,クロール及び亜鉛の配合量を必要最小量としているので患者の病態に応じて適宜添加すること.
  • 本剤は,経中心静脈輸液療法の基本液として用いる.

本剤1000mLに対して,ナトリウム及びクロールを含有しないか,あるいは含有量の少ない5.9〜12%アミノ酸注射液を200〜600mLの割合で加えてよく混合し,通常成人1日1200〜1600mLの維持量を24時間かけて中心静脈内に持続点滴注入する.
本剤は,高濃度のブドウ糖含有製剤なので,特に投与開始時には耐糖能,肝機能等に注意し,目安として維持量の半量程度から徐々に1日当たりの投与量を漸増し,維持量とする.
なお,年齢,症状,体重により適宜増減する.

  • 重篤なアシドーシスが起こることがあるので,必ず必要量 (1日3mg以上を目安) のビタミンB1を併用すること.
  • 本剤はナトリウム及びクロールを含有するので,ナトリウム及びクロールを含有しないか,あるいはナトリウム及びクロールの含有量が少ないアミノ酸注射液を加えて使用すること.

慎重投与

  • 高度のアシドーシスの患者

[アシドーシスが悪化するおそれがある.]

  • 肝障害,腎障害のある患者 (キシリトールを含有するアミノ酸注射液を混合した場合)

[キシリトールを配合するアミノ酸注射液を混合した場合,肝障害,腎障害が悪化するおそれがある.]

  • アミノ酸代謝異常のある患者

[アミノ酸インバランスが助長されるおそれがある.]

  • 糖尿病の患者

[高血糖が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 膵炎,膵硬化症,膵腫瘍等の膵障害のある患者

[高血糖が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 菌血症の患者

[カテーテルが二次感染巣となることがあり,敗血症さらには敗血症性ショックを起こすおそれがある.]

  • 脱水症の患者

[脱水症が悪化するおそれがある.]

  • 重症熱傷のある患者

[高血糖が誘発され,脱水症状が悪化するおそれがある.]

  • 心不全のある患者

[心不全が悪化するおそれがある.]

  • 高齢者の患者

[「高齢者への投与」の項参照.]

重大な副作用

アシドーシス

  • 重篤なアシドーシスがあらわれることがある (「警告」の項参照).

高血糖

  • 本剤は高濃度のブドウ糖含有製剤なので,ときに過度の高血糖,口渇があらわれるので,このような症状があらわれた場合にはインスリン投与等の適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 無腎ラットに中心静脈投与を行ったところ,市販高カロリー輸液用基本液を投与した場合に認められた著しい血漿リン,カリウム,マグネシウム濃度の上昇及び心拍数の低下,心電図におけるP波の減少は,本剤投与時には認められなかった.3), 4), 5)
  • 7/8 腎切除ラットに中心静脈投与を行ったところ,良好な体重増加及び窒素出納を示し血漿カリウムは正常レベルに維持された.3), 4), 5)
  • 7/8腎動脈結紮イヌに中心静脈投与を行ったところ,窒素出納,血漿総蛋白,アルブミンなどの栄養指標は良好に保たれ,血漿カリウムは上昇することなく推移した.3), 4), 5)


★リンクテーブル★
リンク元硫酸亜鉛」「硫酸亜鉛水和物」「グルコン酸カルシウム水和物」「糖類剤
関連記事R」「RF」「ハイカリック」「イカ」「RFs

硫酸亜鉛」

  [★]

zinc sulfate
アミグランドアミノトリパ1号アミノフリードアミノレバンEN配合エルネオパ1号エレジェクトエレメンミックエレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッド オフサリンPカロナリーLサンチンクシザナリンNツインパルツインラインNF配合ツインライン配合トリパレン1号トリフリードネオグリセロール ネオパレン1号ハイカリックNC-LハイカリックRFハイカリック液-1号パレセーフピーエヌツイン-1号ビーフリードフェニルアラニン除去ミルク配合フルカリック1号ヘパンED配合ボルビサールボルビックスミキシッドLミネラミックミネラリンミネリック-4ミネリック-5メドレニックユニカリックLヨード・グリセリン歯科用消毒液ラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合歯科用ヨード・グリセリン
亜鉛


硫酸亜鉛水和物」

  [★]

zinc sulfate hydrate
アミグランドアミノトリパ1号アミノフリードアミノレバンEN配合エルネオパ1号エレジェクトエレメンミックエレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオフサリンPカロナリーLシザナリンNツインパルツインラインNF配合ツインライン配合トリパレン1号トリフリードネオグリセロールネオパレン1号ハイカリックNC-LハイカリックRFハイカリック液-1号パレセーフピーエヌツイン-1号ビーフリードフェニルアラニン除去ミルク配合フルカリック1号ヘパンED配合ボルビサールボルビックスミキシッドミネラミックミネラリンミネリック-4ミネリック-5メドレニックユニカリックLヨード・グリセリン歯科用消毒液ラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合歯科用ヨード・グリセリン

グルコン酸カルシウム水和物」

  [★]

アミグランドアミノトリパ1号アミノフリードカルチコールカロナリーLグルアセト35セルニルトンツインパルツインラインNF配合ツインライン配合トリパレン1号ハイカリックハイカリックNC-LハイカリックRFパレセーフピーエヌツイン-1号、フィジオ140、フィジオ35、フルカリック1号ミキシッドLユニカリックL


糖類剤」

  [★]

商品

R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


RF」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「radio frequency無線周波数」


ハイカリック」

  [★]


イカ」

  [★]

squidcuttlefish
コウイカヤリイカ十腕目


RFs」

  [★]

See Releasing factors




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡