ノンレム睡眠

出典: meddic

non-rapid eye movement sleep, nonREM sleep, non-REM sleep, NREM sleep
NREM睡眠non-REM睡眠オーソ睡眠 ortho-sleep、正睡眠 orthodox sleep
徐波睡眠 slow wave sleepレム睡眠



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/27 20:40:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウシにおける覚醒・睡眠レベルと自律神経緊張度との関連
  • 日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌 50(3), 119-126, 2014-09-25
  • NAID 110009863072
  • 睡眠時随伴症群 : ノンレム睡眠覚醒障害 (特集 睡眠障害の臨床)
  • 睡眠覚醒ニューロンの老化 (特集 体内時計とアンチエイジング)

関連リンク

レム睡眠以外の比較的深い眠りの状態をノンレム睡眠(レム睡眠ではない、という意味) といいます。細胞の新陳代謝を高めたり、免疫力を強化する活動がノンレム睡眠の時間 に行われているといわれています。筋肉の活動は休止していませんが、脳は休息状態 ...

関連画像

眠り」のポータルサイト レム睡眠とノンレム睡眠の働き 時にはノンレム睡眠とレム睡眠  のほとんどがノンレム睡眠このノンレム睡眠とレム睡眠を レム睡眠とノンレム睡眠とは?


★リンクテーブル★
先読みレム睡眠」「orthodox sleep」「non-REM睡眠」「slow wave sleep」「NREM sleep
リンク元睡眠段階」「睡眠時無呼吸症候群」「睡眠と覚醒」「徐波睡眠」「nonREM sleep
関連記事レム」「睡眠

レム睡眠」

  [★]

rapid eye movement sleep, REM sleep
REM睡眠逆説睡眠 paradoxical sleep
速波睡眠 fast wave sleep、賦活睡眠 activated sleep、パラ睡眠 para sleep
急速眼球運動 rapid eye movement睡眠段階

概念

  • 睡眠段階の一つ。早い眼球運動で特徴づけられる(急速眼球運動 rapid eye movement)
  • 脳波上、β波に似た低振幅速波を示す。覚醒時とは筋電図の消失により区別される。
  • 夢を見ている段階とされる。
  • 体温、血圧、心拍、呼吸など自律神経系の活動指標が低下し、不規則に変動する。
  • 睡眠段階のサイクルは90分とされ、これが睡眠中に4-5回反復する。従って、REM睡眠も4-5回出現する。(PSY.45)
  • REM睡眠の持続時間は10-30分とされるが、睡眠後半になるほど長くなる。
  • 全睡眠時間中にレム睡眠が占める割合は、新生児約50%、成人では約20%である。
  • レム睡眠からの覚醒にはノンレム睡眠時よりも強い刺激を必要とする。


orthodox sleep」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a recurring sleep state during which rapid eye movements do not occur and dreaming does not occur; accounts for about 75% of normal sleep time」
nonrapid eye movement sleep, NREM sleep, nonrapid eye movement, NREM

non-REM睡眠」

  [★]

徐波睡眠, slow wave sleep


slow wave sleep」

  [★]

non-REM睡眠,徐波睡眠


NREM sleep」

  [★]

nonrapid eye movement


睡眠段階」

  [★]

sleep stage, sleep stages
睡眠脳波(β波α波θ波δ波)、レム睡眠ノンレム睡眠


  • first aid step1 2006 p.346

睡眠の深さと脳波 (TP.221,SP.456)

第1期 入眠期 α波の振幅が次第に減少し、発生が不連続になる。
代わって低振幅のθ波があらわれる。
θ波(4-8Hz)は前頭部や頭頂部で著名である。
覚醒時にも情緒不安定時に見られる。
うとうとしている状態で低振幅の徐波が増えてきて
それに時々頭頂部を中心に瘤波(hump)と呼ばれる鋭波が混じる
 
第2期 軽睡眠期 脳波は全体として平坦化し、13-15Hzの紡錘波が現れる 浅い睡眠層で、あまり振幅の高くない徐波が連続するようになり、
それに12-14Hzの紡錘波が混じったり、
K-complexと言われる群発波が現れたりする。
Stage1よりθ波が目立つ
vertex wave: 頭頂葉に鋭波が出現
sleep sindle: short bursts of 12-16 Hz activity
K complex:sleep spindleが重なった高振幅波
眼運動なし、筋緊張若干低下
第3期 中程度睡眠期 4Hz以下の徐波(δ波)が現れるが、紡錘波も残る 深い睡眠相。高振幅徐波(δ波)が50%より少ない  
第4期 深睡眠期 大きな振幅のδ波が記録の50%以上の期間に出現し、紡錘波は消失する。 深い睡眠相。高振幅徐波(δ波)が50%以上。  
レム睡眠期 深い睡眠中にもかかわらず脳波は覚醒時の低振幅の速波を示す。 覚醒時に似た低振幅の脳波。
覚醒時とは筋電図が消失することで区別される。
眼球電図も特徴的な眼球運動を示す。
後頭野で一過性の大きいPGO spikeが出現


USMLE

  • Q book p.291 22


睡眠時無呼吸症候群」

  [★]

sleep apnea syndrome, SAS
睡眠時無呼吸 sleep apnea
いびき=睡眠覚醒障害睡眠障害

3つのS

  • snores, stops breathing, sleepy
いびき、無呼吸、ねむたい

無呼吸の定義

  • 気流停止時間:10秒以上

定義

  • 一晩7時間の睡眠中に「無呼吸」が30回以上認められ、この無呼吸が、ノンレム睡眠時にも出現。
  • 昼間時の眠気などの臨床症状があり、睡眠1時間当たりの「無呼吸」が5回以上である場合。(つまり1時間あたりのAHIが5以上)

疫学

  • 男性(男女比は5:1)。中高年。肥満者。いびきをかく。
  • 閉塞型が最も多い。

病型

閉塞型睡眠時無呼吸症候群 obstructive SAS, OSAS

  • 上気道の受動的な虚脱
  • 睡眠に伴い、軟口蓋から下咽頭周辺の狭窄・閉塞(上気道の狭小化を伴う病態)が原因となり、無呼吸・低呼吸を繰り返すもの。
  • 原因:鼻中隔弯曲、咽頭癌、扁桃腺肥大、アデノイド過形成、顎顔面形態の異常(小顎症など)
  • 無呼吸・低呼吸の都度、覚醒反応から呼吸再開が起こるため、日中の眠気を訴えることが多い。ないこともある。
  • OSASに伴う頻回の覚醒はまた交感神経活動の亢進を伴うため、一過性血圧上昇ばかりではなく、糖・脂質代謝に対する影響を介し、動脈硬化の促進などにかかわることが示唆されている。
  • →高血圧、糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの有病率↑

中枢型睡眠時無呼吸症候群 central SAS, CSAS

  • 呼吸中枢の障害による胸郭や腹部の換気運動停止
  • 原因入眠困難、慢性心不全・脳血管障害の一部に伴うチェーン・ストークス呼吸など

混合型睡眠時無呼吸症候群

問診

問診票

検査

  • 動脈血酸素飽和度の3-4%低下

治療



睡眠と覚醒」

  [★]

sleep and waking state
覚醒睡眠ノンレム睡眠レム睡眠


徐波睡眠」

  [★]

slow wave sleep, slow-wave sleep, SWS
ノンレム睡眠レム睡眠


nonREM sleep」

  [★]

  • ノンレム睡眠
non-rapid eye movement sleep

レム」

  [★]

(眼球)rapid eye movement、(放射線単位)rem
急速眼球運動


睡眠」

  [★]

sleep
睡眠段階







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡