ネビラピン

出典: meddic

nevirapine, NVP
ビラミューン [[Viramune」」



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ファーマコゲノミクスとオーダーメイド医療 (特集 全ゲノム関連解析と多因子疾患) -- (技術開発とデータベース)
  • 抗HIV治療薬Nevirapineの薬理作用および臨床効果
  • 武内 正吾,大杉 武
  • 日本薬理学雑誌 114(4), 205-211, 1999-10-01
  • NAID 10005709371

関連リンク

ビラミューンとは?ネビラピンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)

関連画像

使用部品:炭素c13,c12、窒素n13-1 立体構造の特徴ネビラピンの構造式ネビラピン /ネビラピン)150mg/300mg/200mg (ネビラピン) 200mg

添付文書

薬効分類名

  • 抗ウイルス化学療法剤

販売名

ビラミューン錠200

組成

成分・含量

  • 1錠中ネビラピン 200mg

添加物

  • 結晶セルロース、乳糖水和物、ポビドンK25、カルボキシメチルスターチナトリウム、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 本剤の投与により重篤な発疹、又は全身症状を伴う発疹が発現した患者(「警告」の項参照)
  • 重篤な肝機能障害のある患者
  • 本剤の投与により肝機能障害が発現した患者(「警告」の項参照)
  • ケトコナゾール(経口剤:国内未発売)を投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 経口避妊薬を投与中の患者(避妊を目的とするホルモン療法も含む)(「相互作用」の項参照)

効能または効果

HIV-1感染症

  • 無症候性HIV感染症に関する治療開始の指標はCD4リンパ球数500/mm3以下もしくはHIV RNA量5000copies/mL(RT-PCR法)以上との国際的な勧告がある。従って、本剤の使用にあたってはCD4リンパ球数及びHIV RNA量を確認すること。
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は感染初期から多種多様な変異株を生じ、薬剤耐性を発現しやすいことが知られているので、本剤は他の抗HIV薬と併用すること。
  • 通常、成人にはネビラピンとして1回200mgを1日1回、14日間経口投与する。その後、維持量として1日400mgを2回に分割して経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。投与に際しては必ず他の抗HIV薬と併用すること。
  • 本剤は少なくとも1種類の抗レトロウイルス剤(ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤又はHIVプロテアーゼ阻害剤)と必ず併用投与し、単独投与しないこと。
    [単独投与すると、いずれの症例においても本剤に耐性を示すウイルスが急速に出現することが報告されている。](「重要な基本的注意」の項参照)
  • HIV治療に対して種々の国際的なガイドラインが出されており、現時点では、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤である本剤でHIV治療を行う際には、2種類のヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤との併用が推奨されている。
    [ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤との2剤併用(ネビラピン+ジドブジン)より、3剤併用(ネビラピン+ジドブジン+ジダノシン)で優れた臨床効果が得られている。]
  • ネビラピンは他の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤と交叉耐性を示すことがある。
    [非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤に対して交叉耐性を示すHIVウイルス株が認められたとの報告がある。]
  • 本剤の投与は1日200mgより開始し、1日400mgの維持量に増量するが、発疹が発現した場合には、発疹が完治するまで本剤の投与量を増量しないこと。
  • 7日間以上本剤を中止した患者に対して投与を再開する場合には、導入期の用法・用量から始めること。

慎重投与

  • 肝機能障害又はその既往歴のある患者
    [肝機能障害を増悪させることがある。また、本剤の血中濃度に影響を与えるおそれがある。](薬物動態の項参照)
  • 腎障害又はその既往歴のある患者
    [本剤の血中濃度に影響を与えるおそれがある。](薬物動態の項参照)
  • HIVプロテアーゼ阻害剤を投与中の患者
    [併用投与により、これらの薬剤の血中濃度が低下した(AUCの低下:インジナビル28%、サキナビル24%、リトナビル10%)との報告がある。](「相互作用」の項参照)
  • CD4値が高く(女性:250/mm3以上、男性:400/mm3以上)、血漿中にHIV-1 RNAが検出される(概ね50copies/mL以上)患者あるいは抗レトロウイルス剤による治療経験がない患者(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 女性の患者(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 小児等(「小児等への投与」の項参照)
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(0.81%)

  • これらの重篤な発疹は本剤投与開始後概ね6週までに発現する場合が多いので、この期間は特に観察を十分に行い、重篤な発疹、又は以下の症状を伴う発疹が発現した場合には、本剤の投与を中止すること。また、このような患者には再投与しないこと。
  • 発熱、水疱、口内病変、結膜炎、顔面や四肢等の腫脹、筋肉痛、関節痛、又は全身倦怠感
  • なお、必要に応じ、専門医を受診させるなど適切な処置を行うこと。また、投与中止後も症状が増悪するおそれがあるので患者の状態を十分観察すること。

過敏症症候群(頻度不明)

  • 初期症状として発疹、発熱がみられ、さらにリンパ節腫脹、肝機能障害、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現等を伴う遅発性の重篤な過敏症状(薬剤性過敏症症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、発疹、発熱、肝機能障害等の症状が再燃あるいは遷延化することがあるので注意すること。

肝炎(劇症肝炎を含む)、肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-P、総ビリルビン等の上昇)、黄疸、肝不全(11.40%)

  • 定期的、かつ必要に応じて検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

顆粒球減少、うつ病、幻覚、錯乱、脱水症、心筋梗塞、出血性食道潰瘍、全身痙攣、髄膜炎(3.77%)

  • これらの症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

アナフィラキシー様症状(0.36%)

  • アナフィラキシー様症状(発疹、蕁麻疹、血管浮腫等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

作用機序6〜8)

  • ネビラピンは非ヌクレオシド系の逆転写酵素阻害剤で、HIVのタイプ1(HIV-1)の逆転写酵素を阻害し、ウイルス増殖を阻害する。ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤とは作用様式が異なり、核酸とは競合せず、逆転写酵素の疎水ポケット部分に結合し、逆転写酵素の触媒活性を阻害する。HIV-2逆転写酵素やヒトDNAポリメラーゼの活性は阻害しない。また本薬はヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤に対して耐性を獲得したHIV-1の突然変異株に対しても有効であり、またヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤やHIV-1プロテアーゼ阻害剤と併用することにより、HIV-1逆転写酵素阻害に対する相加・相乗効果が認められた。

HIV-1増殖阻害作用(in vitro6、9)

  • ネビラピンはHIV-1増殖に伴うヒトT細胞株c8166の細胞変性及びCD4HeLa細胞におけるプラーク形成を阻害し、そのIC50値はそれぞれ40nM及び15nMであった。

免疫系及び造血系に対する影響(in vitro

  • ネビラピンのヒトT細胞に対する細胞毒性作用9)、骨髄由来細胞の増殖抑制作用、免疫抑制作用は本薬の抗ウイルス作用に比べて極めて弱かった。

耐性及び交叉耐性(in vitro6、10)

  • ネビラピンの使用によりHIV-1の耐性株が発現する。この耐性は主にHIV-1の逆転写酵素の181番目及び(または)106番目のアミノ酸の変異による。
    ネビラピン単独及びネビラピンとジドブジンの併用による治療を行った患者から単離したHIV-1では、治療開始直後からネビラピンに対する感受性の低下が観察され、8週間以内にすべての患者から単離したHIV-1に耐性及び変異が観察された。また、ネビラピン耐性患者から単離したHIV-1では、79%に逆転写酵素の181番目のアミノ酸に変異が認められ、それ以外にも103、106、108、188、190番目のアミノ酸に変異が認められた。一方、ネビラピンとジドブジンの両薬耐性患者から単離したHIV-1では、アミノ酸の変異パターンが異なり、181番目のアミノ酸に変異は認められず、103、106、188、190番目のアミノ酸に変異が認められた。ネビラピンとジドブジンの併用治療は、ネビラピン耐性株またはジドブジン耐性株の出現に影響を与えなかった。
    ネビラピン+ジドブジンの2剤併用治療、ジダノシン+ジドブジンの2剤併用治療、ネビラピン+ジダノシン+ジドブジンの3剤併用治療を行った患者において、6カ月間薬物治療を行った後で血漿中からHIV-1を単離できた(HIV-1が増殖した)のは42%の患者であった。その内訳は、ネビラピン+ジドブジンが69%(11/16)、ジダノシン+ジドブジンが47%(9/19)、ネビラピン+ジダノシン+ジドブジンが21%(5/24)であり、3剤併用した方が2剤併用よりHIV-1の増殖が観察された割合は低かった。ネビラピン+ジドブジン群及びネビラピン+ジダノシン+ジドブジン群の患者でそれぞれ増殖し単離することができたHIV-1については、すべてネビラピンに対する耐性が認められた。ネビラピンに耐性を示したHIV-1では逆転写酵素アミノ酸にK103N、Y181Cの変異が最も多く共通して認められた。なお、ジドブジンに対する耐性を持ったHIV-1が単離できた割合は、ジダノシン+ジドブジン群よりネビラピン+ジドブジン群の方が低く、ネビラピン+ジダノシン+ジドブジン群では認められなかった。また、ジダノシンに対する耐性はいずれの投与群から単離できたHIV-1においても認められなかった。すなわち、HIV-1耐性株発現の進展は、ネビラピン単剤よりも2剤併用、2剤併用よりも3剤併用治療の方が遅らせることができた。なお、ネビラピン投与によるHIV-1逆転写酵素遺伝子変異とネビラピン感受性の臨床的相関は確立されていない。
    ネビラピンと他の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤との交叉耐性が観察されている。ネビラピンとヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤やHIV-1プロテアーゼ阻害剤とは作用部位が異なり、両者の間には交叉耐性は生じにくい。ジドブジン耐性株に対してネビラピンは効果を示し、逆にネビラピン耐性株はジドブジンに対して感受性を持つことが観察されている。

有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C15H14N4O

分子量

  • 266.30

性状

  • ・白色の粉末で、においはない。
    ・アセトニトリル、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。

融点

  • 244.7〜247.5℃

分配係数

  • 1.8(1-オクタノール/水)


★リンクテーブル★
リンク元ヒト免疫不全ウイルス」「nevirapine

ヒト免疫不全ウイルス」

  [★]

human immunodeficiency virus, HIV
後天性免疫不全症候群 AIDS,SDF-1HIV

特徴

ウイルス学

エンベロープ

  • gp120が外部に突き出ており、これにgp41が結合して膜にアンカーしている。
  • エンベロープの内側には、p17マトリックスタンパク(MA)が裏打ちするように配置している。
  • コアはp24カプシドにより構成されている。
  • コア内部は、1本のウイルスゲノムRNA(+)、逆転写酵素、p7,p9ヌクレオカプシドタンパク(NC)が存在。

遺伝子 (SMB.493)

  • gag:マトリックスタンパク、カプシドタンパク、ヌクレオカプシドタンパクをコード
  • pol:逆転写酵素、ウイルスプロテアーゼ、インテグラーゼをコード
  • env:エンベロープ糖タンパクをコード
  • tat:トランス活性化因子。ウイルスの転写活性化
  • rev:ウイルスmRNAでスプライシングされていないものを安定化。ウイルス構造タンパク質をコードするmRNAを細胞質に移送させる。
  • nef,vif,vpu,vpr

感染症

五類感染症(全数把握)

感染経路

経路

行為

  • 性感染、血液関連(輸血感染、注射針の使い回し、汚染注射針を刺す)、母子感染(経胎盤、経産道、経母乳)

感染過程

  1. . ウイルス粒子のgp120がCD4陽性細胞に結合する
  2. . gp120とCD4結合により、立体構造が変化
  3. . gp120のV3エピトープと呼ばれるケモカインレセプターと結合する。
  4. . さらに構造変化が起こり、gp41の働きで宿主細胞膜とウイルス終止とが融合する

経過

  • 1ヶ月以内にウイルス血症がおこる。

検査 (HIM. 1108,1163,1164,1166f,1190,1211t,1309t,e104)

参考1
  • NATのウインドウ期:11日
  • 血清学的検査のウインドウ期:22日

治療

妊婦

  • 基本的に妊婦には治療はできない
  • 妊娠後期になってから抗ウイルス薬を使う
  • AZT(日本)
  • ネビラピン(欧米)

参考

  • 1.
[display]http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/2a/dl/2b.pdf




nevirapine」

  [★] ネビラピン

WordNet   license wordnet

「a non-nucleoside reverse transcriptase inhibitor (trade name Viramune) used to treat AIDS and HIV」
Viramune




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3