ネシリチド

出典: meddic

nesiritide
脳性ナトリウム利尿ペプチドB型ナトリウム利尿ペプチド

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

【AHAリポート】ASCEND-HF 急性非代償性うっ血性心不全へのネシリチド投与で呼吸困難改善効果... | 急性非代償性うっ血性心不全(ADHF)患者に対する組み換えヒトB型ナトリウムペプチド静脈内点滴製剤ネシリチドの投与は、懸念されて ...
Effect of nesiritide in patients with acute decompensated heart failure. 【背景】 ネシリチド(BNP)は,急性心不全患者に伴う呼吸困難の治療薬として承認されている.しかし,これまでに行われた研究からネシリチドに合併症増加・死亡率 ...
組み換えヒトB型ナトリウムペプチド静脈内点滴製剤ネシリチド(Nesiritide)の静脈内点滴投与は、”非代償性うっ血性心不全で入院している患者は,ネシリ...

関連画像

⑤カルペリチド・ネシリチド取材学会一覧 | ニュース Images


★リンクテーブル★
先読み脳性ナトリウム利尿ペプチド」「B型ナトリウム利尿ペプチド

脳性ナトリウム利尿ペプチド」

  [★]

brain natriuretic peptide, BNP
脳ナトリウム利尿ペプチド, B型ナトリウム利尿ペプチド B-type natriuretic peptide


概念

  • うっ血性心不全のマーカーとして有用
  • 最初、脳で見いだされたが、主に心室から分泌されることが明らかとなった。

基準値

  • ≦20 pg/ml (P+EDTA) (LAB.1797)

分類

性状

  • ペプチド

産生組織

  • (主に)心室

標的組織

受容体

  • ナトリウム利尿ペプチド受容体

作用

  • ナトリウム利尿作用
  • 血管平滑筋弛緩
  • 交感神経抑制
  • RAA系抑制

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連

心機能の評価

  • 心房細動の予後の決定:ANP≧40pg/ml かつ BNP ≦ 200pg/mlであること → BNPは左室拡張末期圧と相関。BNPが低値の時は心房の圧負荷が軽度といわれている。

心疾患のマーカー

参考1
  心不全の可能性は
きわめて低い
心不全の可能性は
低いが、可能ならば
経過観察
軽度の心不全の
可能性があるので
精査、経過観察
治療対象となる
心不全の可能性有り
精査 or 専門医紹介
治療対象となる
心不全の可能性高
精査 or 専門医紹介
BNP 0~18.4 18.4~40 40~100 100~200 200~
NT-proBNP 0~125 125~400 400~900 900~

参考

  • 1. 日本心不全学会 ステートメント
[display]http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html
  • 2. 東京医科大学 救急医学
[display]http://eccm.tokyo-med.ac.jp/report/hachioji/study_6.html



B型ナトリウム利尿ペプチド」

  [★] 脳性ナトリウム利尿ペプチド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡