ヌクレオヒストン

出典: meddic

nucleohistone


和文文献

  • (38) オオムギうどんこ病感染葉のヌクレオヒストンの変化 (関西部会講演要旨)
  • ヌクレオヒストンの構造と生物学的意義 特にin vitroでのRNA合成阻害について
  • ヌクレオヒストン研究の現状と将来を語る(座談会) (ヌクレオヒストン(特集)-2-)

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ヌクレオヒストンの用語解説 - DNAと塩基性蛋白質であるヒストンとの結合体で,真核細胞の核中に含まれ,染色体の主成分である。ヒストンは DNAの形質発現を制御していると考えられる。動物 ...
クロマチンおよびヌクレオヒストンの構造 (ヌクレオヒストン(特集)) 大場 義樹 この論文をさがす NDL-OPAC CiNii Books 著者 大場 義樹 収録刊行物 蛋白質核酸酵素 蛋白質核酸酵素 11(8), 692-698, 1966-07 共立出版 Tweet 各種コード ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡