ヌクレオシド二リン酸キナーゼ

出典: meddic

nucleoside diphosphate kinase, nucleoside-diphosphate kinase



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヌクレオシド二リン酸キナーゼ(NDPK)の生理的役割とがん転移抑制
  • ヌクレオシド二リン酸キナーゼ(m23)の正常および癌組織における発現
  • 高木 洋子,石川 直,木村 成道,平山 廉三
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19, 707, 1996-08-01
  • NAID 10002917366

関連リンク

dADP、dGDP、dCDPが形成されると、その後それらはヌクレオシド二リン酸キナーゼの作用により三リン酸レベルにリン酸化される。 dUDPはdUMPを介して、dTMPに変換される。dUMPからdTMPへの 活性部位とよ ばれるアロステ ...
文献「ヌクレオシド二リン酸キナーゼの生理的役割 GTP結合蛋白質とその活性化機構」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する ...
【.encircled1.】NDPキナーゼalphaアイソフォームが5つのエクソンから構成されるもの(長型)と4つのエクソンから構成されるもの(短型)が存在することを確定した。ラットのDNAを鋳型とし5′RACE法により複数の異なるサイズのクーロンを単離し ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元nucleoside-diphosphate kinase
拡張検索NM23ヌクレオシド二リン酸キナーゼ
関連記事リン」「キナーゼ」「」「リン酸」「ヌクレオシド

nucleoside-diphosphate kinase」

  [★]

  • ヌクレオシド二リン酸キナーゼ


NM23ヌクレオシド二リン酸キナーゼ」

  [★]

NM23 nucleoside diphosphate kinase


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67



ヌクレオシド」

  [★]

nucleoside
核酸





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡