ニンヒドリン

出典: meddic

ninhydrin


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/21 05:19:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

ニンヒドリン反応とはどのようなときに用いるんですか?この反応を行なっても、なんのアミノ酸かはわからないですよね? 一個のアミノ酸を取り出すためにこの反応をやるんですか? お願いします。
【化学反応を応用する指紋検出】 【ニンヒドリン法】 ニンヒドリンの研究は、随分前に遡ります 1913年、イギリス「ルーエマン」と、ドイツ「アブデルハルデン」の研究報告に 「ニンヒドリンがヒトのアミノ酸と化学反応を起こし ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元トリケトヒドリンデンヒドレート
関連記事リン

トリケトヒドリンデンヒドレート」

  [★]

triketohydrinden hydrate
ニンヒドリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡