ニレンバーグ

出典: meddic

Nirenberg


和文文献

  • チャーン賞業績紹介・ニーレンバーグ (ICM2010特別企画)
  • 追悼 遺伝暗号解読に挑んだニーレンバーグ

関連リンク

百科事典マイペディア ニーレンバーグの用語解説 - 米国の生化学者。国立心臓研究所遺伝生化学部門主任。1961年試験管内合成系にポリウリジル酸(UUU)を加えるとフェニルアラニンが合成されることを発見し,UUUがフェニルアラニン ...
大腸菌をすりつぶした抽出液とRNAとアミノ酸を用いて、試験管内でのタンパク質の合成に成功した(1961年)。その後、人工的に合成したRNAからタンパク質をつくった。コラナらと協力して、RNAの塩基配列とそれに対応するアミノ酸の ...

関連画像

9784758300872-and-2.png生化学の基礎を簡潔に、視覚的 マーシャル・ワーレン ハル・ゴビンド・コラナ *1922Y1942|マーシャル・ウォーレン Institution:



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡