ニルバジピン

出典: meddic

nilvadipine
トーワジールナフトジールニバジールニバディップニルジラートニルバジピン


和文文献

  • メキシレチンによる薬剤性過敏症症候群の1例
  • 籏持 淳,五月女 聡浩,濱 直人,沖田 博,濱崎 洋一郎,山崎 雙次,宮本 由香里
  • Dokkyo journal of medical sciences 35(2), 109-112, 2008-07
  • … 2005年10月中旬よりメキシレチン,ニルバジピンの内服を開始し, 2ケ月後に高熱と多形紅班型中毒疹が出現した.顔面浮腫,末梢血白血球数増多,好酸球数増多,肝機能障害を伴った.プレドニン45mg/day内服で治療を開始し,その後症状の改善に伴いプレドニンを漸減, 19日後に投与を中止したところ,皮疹の再燃を認めた.薬剤貼付試験はメキシレチンのみで陽性であり,リンパ球刺激試験は陰性であった.末梢血HHV-6IgG抗体(EIA)は入院時 …
  • NAID 110006966562
  • P-660 無包装状態での各種ニルバジピン製剤の安定性(10.品質管理、製剤試験,医療薬学の未来へ翔(はばた)く-薬剤師の薬剤業務・教育・研究への能動的関わり-)
  • 柴田 みづほ,嶋田 修治
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 15, 393, 2005-09-01
  • NAID 110006960899

関連リンク

ニバジールとは?ニルバジピンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
ニルバジピンとは。効果、副作用、使用上の注意。 カルシウム拮抗剤(きっこうざい)は、 カルシウム(心筋や冠動脈を収縮させる物質)の作用を抑えて、血管の内腔(ないくう)を 拡げるはたらきをもった薬です。そのため、 高血圧症 の治療に用いられます。 アゼル.

関連画像

有効成分に関する理化学的知見ニルバジピン錠4mg「日医工」 50 ニルジラート錠2 ニルバジピン錠2mg「日医工  ニルバジピン 本体写真医療用医薬品 : ニルバジピン

添付文書

薬効分類名

  • 高血圧治療剤

販売名

ニルバジピン錠2mg「日医工」

組成

 ニルバジピン錠2mg「日医工」


  • 1錠中ニルバジピン2mgを含有する。
    添加物として,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ポビドン,無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,マクロゴール,タルク,酸化チタン,黄色三二酸化鉄を含有する。

禁忌

  • 頭蓋内出血で止血が完成していないと推定される患者[出血を助長するおそれがある。]
  • 脳卒中急性期で頭蓋内圧が亢進している患者[頭蓋内圧の亢進を増悪するおそれがある。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 本態性高血圧症
  • ニルバジピンとして,通常,成人には1回2〜4mgを1日2回経口投与する。

慎重投与

  • 肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されることから,血中濃度が高くなることがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

 肝機能障害(頻度不明)

  • AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP上昇等の肝機能障害があらわれることがあるので,異常が認められた場合には直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名

  • ニルバジピン(Nilvadipine)

 化学名

  • 3-Methyl 5-(1-methylethyl) (4RS)-2-cyano-6-methyl-4-(3-nitrophenyl)-1,4-dihydropyridine-3,5-dicarboxylate

 分子式

  • C19H19N3O6

 分子量

  • 385.37

 性状

  • 黄色の結晶性の粉末である。
    アセトニトリルに溶けやすく,メタノールにやや溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けにくく,水にほとんど溶けない。
    本品のアセトニトリル溶液(1→20)は旋光性を示さない。

 融点

  • 167〜171℃


★リンクテーブル★
リンク元血圧降下剤

血圧降下剤」

  [★]

降圧薬

商品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡