ニトレンジピン

出典: meddic

nitrendipine
エカテリシンエレナールコバテンシンシェトラゾーナダウンテンシンドスペロピンニトプレスニトレジックニトレナールニルジピンバイニロードバイロテンシンバロジピンバロテインヒシロミン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/16 14:12:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先発品・後発品情報の内容、利用可能度、入手難易度の比較と評価 : ニトレンジピン
  • P-0529 ニトレンジピン錠の先発後発医薬品の簡易懸濁法への適合性と操作性に関する評価(一般演題 ポスター発表,品質管理,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 辻林 麻衣子,成橋 和正,齋藤 綾子,西村 亜佐子,芝田 信人
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 270, 2011-09-09
  • NAID 110008909995

関連リンク

バイロテンシンとは?ニトレンジピンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 血圧を下げるお薬です。高血圧や狭心症の治療に用います。 作用 【働き】 心臓や体の血管を広げて血流を ...
カルシウム拮抗剤 一般名:ニトレンジピン ニトレンジピン の商品名 「アルロール」「イデバン」「エカテリシン」「エレナール」「コニジピン」「コバテンシン」「シェトラゾーナ」「ダウンテンシン」「ドスペロピン ...

関連画像

ニトレンジピン錠5mg「NP」(旧 ニトレンジピン錠10mg「NP」(旧 ニトレンジピン錠10mg「NP」(旧 ニトレンジピンニトレンジピン錠5mg「NP」(旧 ニトレンジピン錠5mg「NP」(旧

添付文書

薬効分類名

  • 持続性Ca拮抗剤

販売名

ドスペロピン錠5

組成

1錠中の有効成分:

  • ニトレンジピン・・・・・5mg

添加物:

  • 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Mg、無水ケイ酸、ヒプロメロース、マクロゴール、タルク、酸化チタン、黄色三ニ酸化鉄

禁忌

妊婦又は妊娠している可能性のある女性

  • [本剤は動物実験で催奇形作用及び胎児致死作用が報告されている。(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)]

効能または効果

○高血圧症、腎実質性高血圧症

○狭心症

○高血圧症、腎実質性高血圧症

  • ニトレンジピンとして、通常、成人1回5〜10mgを1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。

○狭心症

  • ニトレンジピンとして、通常、成人1回10mgを1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。

慎重投与

過度に血圧の低い患者

  •  

重篤な肝機能障害のある患者

  • [肝硬変患者で血中濃度の増加が報告されている。]

重篤な腎機能障害のある患者

  • [腎機能が悪化することがある。]

高齢者

  • (「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

  • (頻度不明)
  • 過度の血圧低下により意識消失、呼吸減弱、顔面蒼白等のショック様症状があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

  • 157〜161℃


★リンクテーブル★
リンク元ジヒドロピリジン系
関連記事レンジ

ジヒドロピリジン系」

  [★]

dihydropyridine


レンジ」

  [★]

range
及ぶ範囲飛程わたる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡