ニッスル

出典: meddic

Nissl


和文文献

関連リンク

ニッスル染色は、粗面小胞体やポリゾームに親和性が高い組織染色法で、神経組織の染色に用いられる。 ニューロンが、塩基性色素で特異的に染色されることを最初に示したのは、ドイツのフランツ・ニッスルである。
ニッスル小体 Nissl body 神経細胞細胞質内に散在する構造。実態は粗面小胞体。 好塩基性の虎斑 神経細胞をクレージルバイオレット、トルイジンブルー、やチオニンなどの塩基性アニリン色素で染めた時、細胞質内に顆粒状や短冊状 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索ニッスル染色」「ニッスル・エスバッハ法」「ニッスル顆粒」「ニッスル変性

ニッスル染色」

  [★]

Nissl stain, Nissl staining, Nissl-stained
Nissl染色


ニッスル・エスバッハ法」

  [★]

Nissl-Esbach method
エスバッハ法


ニッスル顆粒」

  [★]

Nissl granule
ニッスル小体


ニッスル変性」

  [★]

Nissl-Degeneration
虎斑溶解




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡