ニセリトロール

出典: meddic

niceritrol
ペリシット



和文文献

  • 腎不全におけるリン代謝とその管理ー第44回日本透析医学会・第42回日本腎臓学会合同シンポジウムよりー
  • 秋葉 隆,栗原 怜,下田 研二
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 33, 325, 2000-05-01
  • NAID 10006357477
  • 血液透析患者におけるニセリトロール服用時の血中ニコチン酸濃度
  • 雑賀 保至,児玉 直也,木村 圭吾,藤井 良一,大谷 晴久,宗 正敏,味村 啓司,前田 孝夫,湯川 進
  • The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集] 41(4), 430-435, 1999-06-25
  • NAID 10005248201

関連リンク

ペリシットとは?ニセリトロールの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)

関連画像

ペリシット:脂質異常症治療薬 三和化学 ペリシット 包装写真三和化学 ペリシット 本体写真三和化学 ペリシット 包装写真中性脂肪を下げる薬とは?

添付文書

薬効分類名

  • 脂質代謝・末梢循環改善剤

販売名

ペリシット錠125mg

組成

  • ペリシット錠125mgは、1錠中「日局」ニセリトロール125mgを含有する製剤である。

添加物

  • ステアリン酸Mg、ポビドン、カルメロースCa、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、ヒプロメロース、マクロゴール、ヒドロキシプロピルセルロース、カルナウバロウ、酸化チタンを含有する。

禁忌

  • 重症低血圧又は動脈出血のある患者[末梢血管拡張作用により、低血圧症の悪化や出血を助長させるおそれがある。]
  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

高脂質血症の改善

下記疾患に伴う末梢循環障害の改善

  • ビュルガー病、閉塞性動脈硬化症、レイノー病及びレイノー症候群


  • 通常、ニセリトロールとして、1日量750mgを毎食直後3回に分割経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。


慎重投与

  • 肝障害のある患者[肝障害が悪化するおそれがある。]
  • 透析療法を受けている患者[血小板減少、貧血があらわれることがある。]
  • 消化性潰瘍のある患者[消化性潰瘍が悪化するおそれがある。]
  • 耐糖能異常のある患者[耐糖能が低下するおそれがある。]
  • 痛風のある患者[症状が悪化するおそれがある。]


重大な副作用

血小板減少

  • 透析療法を受けている患者において血小板減少があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

血清脂質低下作用6,7)

  • ラットを用いたin vivo実験で、ニセリトロールは、外因性脂質の吸収抑制、コレステロールの排泄・異化排泄促進、LPLの活性化促進、脂肪組織からの脂肪酸動員抑制作用により、血清コレステロール、血清トリグリセリド等の脂質を低下させた。

血清リポ蛋白代謝改善作用8)

  • ラットを用いた高脂肪食負荷実験で、ニセリトロールは、血清中のVLDL及びLDL分画中のコレステロール及びトリグリセリドの増加を著しく抑制し、HDL分画中のコレステロールを増加させた。

血小板凝集能抑制作用9)

  • ラット、ウサギを用いた実験で、ニセリトロールは、多血小板血漿において、コラーゲン凝集、アラキドン酸凝集の明らかな抑制を示した。

血流増加作用10)

  • ニセリトロールはイヌの大腿動脈及び総頸動脈血流量を明らかに増加させた。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • Niceritrol ニセリトロール

化学名

  • Pentaerythritol tetranicotinate

分子式

  • C29H24N4O8

分子量

  • 556.52

融点

  • 162〜165℃

性状

  • 「日局」ニセリトロールは、白色〜微黄白色の粉末で、においはなく、味はわずかに苦い。クロロホルムに溶けやすく、N,N-ジメチルホルムアミドにやや溶けやすく、エタノール(95)に極めて溶けにくく、水又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元ニコチン酸系薬」「Perycit
関連記事ニセ

ニコチン酸系薬」

  [★]

  • あまり使われないらしい

ニコチン酸系薬

特徴

  • 肝臓からのVLDL分泌を抑制しLDLの血中濃度を減少させる (SPC.353)
  • 血管拡張作用を持つ

構造

作用機序

  • 遊離脂肪酸の動員↓。肝でのVLDL合成↓。→LPL↑→VLDL-TG分解↑→TG↓ Cho排泄↑ LP(a)
  • コレステロール排泄促進作用

薬理作用

  • 血清TG:低下
  • Cho排泄:促進
  • 血清LP(a):低下

動態

適応

注意

禁忌

副作用

  • 皮膚障害(発赤(顔面紅潮←アスピリンで軽減)、かゆみ)

相互作用

Perycit」

  [★] ニセリトロールペリシット


ニセ」

  [★]

mockshamcounterfeitpseudo
仮性偽性見せかけの




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡