ナンドロロン

出典: meddic

nandrolonenandrolone decanoatenandrolone furylpropionatenandrolone cyclohexylpropionatenandrolone phenylpropionate
シクロヘキシルプロピオン酸ナンドロロンデカン酸ナンドロロンフェニルプロピオン酸ナンドロロンフリルプロピオン酸ナンドロロン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにナンドロロン(434-22-0)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にナンドロロン(434 ...
ナンドロロン (Nandrolone) は、僅かに人間の体内に自然に存在するアナボリックステロイドである。正式には19-ノルアンドロステロンという名称を持つ。デカン酸 エステル(デカ・デュラボリン)やフェニルプロパン酸エステル ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 持続性蛋白同化ステロイド剤

販売名

デカ・デュラミン筋注25mg

組成

有効成分

  • ナンドロロンデカン酸エステル

含量

  • 25mg

容量

  • 1mL

添加物

  • ベンジルアルコール   0.04mL

安息香酸ベンジル   0.3mL
ゴマ油   適量     

禁忌

  • アンドロゲン依存性悪性腫瘍(例えば前立腺癌)およびその疑いのある患者[病態を悪化あるいは顕性化させるおそれがある。]
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 骨粗鬆症、乳腺症、成長ホルモン分泌不全性低身長症

下記疾患による著しい消耗状態

  •  慢性腎疾患、悪性腫瘍、手術後、外傷、熱傷

下記疾患による骨髄の消耗状態

  •  再生不良性貧血


  • ナンドロロンデカン酸エステルとして通常成人1回25〜50mgを3週間ごとに筋肉内注射する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。


慎重投与

  • 前立腺肥大のある患者[排尿困難等の症状を増悪させるおそれがある。]
  • 心疾患、腎疾患、肝疾患、癌の骨転移のある患者[ナトリウムまたは体液の貯留、高カルシウム血症があらわれることがある。]
  • 糖尿病の患者[耐糖能に影響を及ぼすことがある。]
  • 小児(「小児等への投与」の項参照)
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

嗄声

(頻度不明)

  • 女性患者に嗄声があらわれた場合には投与を中止すること。[進行すると回復困難な場合がある。通常月経異常が先発する例が多いとの報告がある。]

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ナンドロロンデカン酸エステル (Nandrolone Decanoate)

化学名

  • 17β‐hydroxy‐19‐norandrost‐4‐ene‐3‐one‐17‐decanoate

分子式

  • C28H44O3

分子量

  • 428.65

性状

  • 白色の粉末で、わずかに特異なにおいがある。

エタノール(95)、アセトン、クロロホルム、1,4-ジオキサン、酢酸(100)またはヘプタンに極めて溶けやすく、植物油に溶けやすく、水にほとんど溶けない。

融点

  • 33〜37℃


★リンクテーブル★
先読みnandrolone」「nandrolone cyclohexylpropionate」「nandrolone phenylpropionate」「nandrolone furylpropionate」「nandrolone decanoate
拡張検索シクロヘキシルプロピオン酸ナンドロロン」「フェニルプロピオン酸ナンドロロン」「フリルプロピオン酸ナンドロロン」「デカン酸ナンドロロン

nandrolone」

  [★]

WordNet   license wordnet

「an androgen (trade names Durabolin or Kabolin) that is used to treat testosterone deficiency or breast cancer or osteoporosis」
Durabolin, Kabolin

nandrolone cyclohexylpropionate」

  [★]

nandrolonenandrolone decanoatenandrolone furylpropionatenandrolone phenylpropionate


nandrolone phenylpropionate」

  [★]

nandrolonenandrolone cyclohexylpropionatenandrolone decanoatenandrolone furylpropionate

nandrolone furylpropionate」

  [★]

nandrolonenandrolone cyclohexylpropionatenandrolone decanoatenandrolone phenylpropionate


nandrolone decanoate」

  [★]

nandrolonenandrolone cyclohexylpropionatenandrolone furylpropionatenandrolone phenylpropionate


シクロヘキシルプロピオン酸ナンドロロン」

  [★]

nandrolone cyclohexylpropionate
ナンドロロン


フェニルプロピオン酸ナンドロロン」

  [★]

nandrolone phenylpropionate
ナンドロロン


フリルプロピオン酸ナンドロロン」

  [★]

nandrolone furylpropionate
ナンドロロン


デカン酸ナンドロロン」

  [★]

nandrolone decanoate
ナンドロロン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3