ナロルフィン

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/24 02:04:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 尿中よりモルヒネおよびN-アリルノルモルヒネ(ナロルフィン)の分離定量
  • 嶺岸 謙一郎,黒岩 幸雄,奥井 誠一
  • 衛生化学 12(6), 347-350, 1966-12-30
  • Urine specimens are hydrolyzed with hydrochloric acid and the hydrolyzate is extracted with chloroform to eliminate the contaminants. Thereafter sodium hydroxide solution is gradually added to the aqu …
  • NAID 110003643914
  • 塩酸ナロルフィン(ナリン)に依る急性ヘロイン中毒の治療
  • Sthober Musray
  • The Journal of the American Medical Association, 日本版 17(3), 250-252, 1954-05
  • NAID 40017454735

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ナロルフィンの用語解説 - C19H21NO3 。モルフィン拮抗剤。白色結晶。融点 208~209 。水やエーテルに難溶。アルコール,アセトンに可溶。単独では鎮痛作用をもつが,モルヒネの中枢作用 ...
ナロルフィン (11/23) LINKS メルクマニュアル家庭版 おくすり110番 ささえあい医療人権センターCOML うつ・不安啓発委員会公式ホームページ 認知症を知るホームページ www.e-65.net きょうの点取り占い 医学・薬学トップセラー ARCHIVES ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元オピオイド受容体」「nalorphine」「モルヒネ中毒

オピオイド受容体」

  [★]

opioid receptor
モルヒネ受容体 morphine receptor
オピオイドペプチドオピオイド
  • オピオイド受容体はμ受容体、κ受容体、δ受容体がある。
  • モルヒネフェンタニルはμ受容体刺激薬
  • 呼吸抑制はμ2受容体を介したものである。


オピオイドとオピオイド受容体 (GOO.552)

  μ受容体 δ受容体 κ受容体
薬物
モルフィン +++   +
フェンタニル +++    
ブトルファノール P   +++
ブプレノルフィン P   --
ナロキソン --- --
ナロルフィン ---   +
内因性オピオイドペプチド
Met-エンケファリン ++ +++  
Leu-エンケファリン ++ +++  
β-エンドルフィン +++ +++  
ダイノルフィンA ++   +++
ダイノルフィンB + + +++

オピオイド受容体の生理作用(周術期管理学 091211 III)

受容体 μ δ κ
μ1 μ2
作用 鎮痛 鎮痛 鎮痛 鎮痛
悪心・嘔吐 鎮静 鎮静 身体依存
多幸感 呼吸抑制 身体違和感 精神依存
掻痒感 身体依存 気分不快 呼吸抑制
縮瞳 精神依存 興奮  
尿閉 消化器運動抑制 幻覚
  鎮咳 鎮咳
  呼吸抑制
縮瞳
利尿


オピオイド受容体と非麻薬性鎮痛薬について

身体依存性

  • 痛みがある人には精神的依存はきたさない(痛みの有無によらず退薬現象はある)


nalorphine」

  [★]

ナロルフィン

WordNet   license wordnet

「a narcotic antagonist (trade name Nalline) that counteracts the effects of narcotics (especially the effects of poisoning by morphine)」
Nalline


モルヒネ中毒」

  [★]

morphine poisoning
  • 治療薬:





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡