ナファゾリン

出典: meddic

naphazoline
naphazolinum
硝酸ナファゾリン naphazoline nitrate, naphazolini nitras。naphazoline hydrochloride
プリビナコンドロンナファ


  • α1刺激薬;末梢血管収縮


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/12/31 07:54:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ナファゾリン含有殺菌消毒薬中毒による肺水腫の1例
  • 山口 充,間藤 卓,大井 秀則,中田 一之,井口 浩一,熊井戸 邦佳,杉山 聡
  • 日本救急医学会雑誌 22(6), 291-296, 2011-06-15
  • NAID 10029368625
  • 症例報告 ナファゾリン含有外用殺菌消毒薬服用により急速に肺水腫に陥った1例
  • 中島 幹男,松岡 良太,近藤 真言
  • 救急医学 31(6), 733-735, 2007-06
  • NAID 40015519177

関連リンク

InChI=1S/C14H14N2/c1-2-7-13-11(4-1)5-3-6-12(13)10-14-15-8-9-16-14/h1-7H,8 -10H2,(H,15,16) Key:CNIIGCLFLJGOGP-UHFFFAOYSA-N. ナファゾリン( naphazoline) は、血管収縮剤として利用される有機化合物。一般的には塩酸塩として 用い ...
プリビナとは?ナファゾリンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版)

関連画像

日本漢方ナファゾリン ナファゾリンナファゾリン塩酸塩用点鼻薬セット ナファゾリン アレルギー性鼻炎、急性鼻炎 Home > 眼 > ナファゾリン塩酸塩

添付文書

薬効分類名

  • 点鼻用局所血管収縮剤

販売名

プリビナ液0.05%

組成

有効成分・含量(1mL中)

  • 日本薬局方ナファゾリン硝酸塩0.5mgを含有

添加物

  • 塩化ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、ベンザルコニウム塩化物、乾燥炭酸ナトリウム

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2歳未満の乳・幼児〔本剤の作用が強くあらわれ、ショックを起こすことがある。〕
  • MAO阻害剤の投与を受けている患者〔併用により、急激な血圧上昇を起こすおそれがある。〕

効能または効果

  • 上気道の諸疾患の充血・うっ血、上気道粘膜の表面麻酔時における局所麻酔剤の効力持続時間の延長
  • 通常、成人鼻腔内には、1回2〜4滴を1日数回、咽頭・喉頭には1回1〜2mLを1日数回塗布又は噴霧する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    局所麻酔剤への添加には、局所麻酔剤1mLあたり0.05%液2〜4滴の割合で添加する。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 冠動脈疾患のある患者〔冠動脈疾患を悪化させるおそれがある。〕
  • 高血圧症の患者〔血圧が上昇するおそれがある。〕
  • 甲状腺機能亢進症の患者〔本剤に対する感受性が高まるおそれがある。〕
  • 糖尿病の患者〔血糖値が上昇するおそれがある。〕
  • 交感神経作用薬による不眠、めまい等の既往のある患者〔本剤の作用が強くあらわれるおそれがある。〕

薬効薬理

  • ナファゾリンは血管平滑筋のα-アドレナリン受容体に直接作用して血管を収縮させる。2)
  • アドレナリンより強い末梢血管収縮作用を有し、作用持続時間も長い (ウサギ耳殻血管)。3)
  • 鼻閉塞を訴えるアレルギー性鼻炎の患者に0.1%ナファゾリン硝酸塩を投与した場合、作用発現は投与直後から15分以内に認められ3〜4時間持続する。4)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ナファゾリン硝酸塩 (Naphazoline Nitrate)

化学名

  • 2-(Naphthalen-1-ylmethyl)-4,5-dihydro-1H -imidazole mononitrate

分子式

  • C14H14N2・HNO3

分子量

  • 273.29

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、水にやや溶けにくく、無水酢酸に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融点

  • 167〜170℃


★リンクテーブル★
先読みnaphazoline nitrate」「naphazoline hydrochloride
リンク元naphazoline」「コンドロン
拡張検索塩酸ナファゾリン」「硝酸ナファゾリン
関連記事リン

naphazoline nitrate」

  [★]

naphazolinenaphazoline hydrochloride


naphazoline hydrochloride」

  [★]

naphazolinenaphazoline nitrate


naphazoline」

  [★] ナファゾリン

WordNet   license wordnet

「vasoconstrictor (trade names Privine and Sudafed) used in nasal sprays to treat symptoms of nasal congestion and in eyedrops to treat eye irritation」
Privine, Sudafed


コンドロン」

  [★] コンドロイチン硫酸デキサメタゾンナファゾリン


塩酸ナファゾリン」

  [★]

naphazoline hydrochloride
ナファゾリン硝酸ナファゾリン


硝酸ナファゾリン」

  [★] ナファゾリンnaphazoline nitrate


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1