ドレブリン

出典: meddic

和文文献

  • 5. 樹状突起スパインの形態変化におけるドレブリンの役割(第56回北関東医学会総会抄録 一般演題)
  • 竹田 麗子,山崎 博幸,花村 健次,白尾 智明
  • The Kitakanto medical journal 59(3), 323-323, 2009-08-01
  • NAID 120002098450

関連リンク

神経特異的アクチン結合蛋白ドレブリン を線維芽細胞に発現させたときにできる特徴的なアクチンフィラメントの蛍光像です。ドレブリン は我々のグループにより発見された蛋白ですが、神経細胞の形態形成及びシナプスの可塑性 ...
はじめに: ニワトリの脳から神経発生関連タンパク質として単離・同定されたドレブリン (drebrin: developmentally regulated brain protein) は種を越えて保存されてお り、ラットやヒトなどの哺乳類ではドレブリンA とドレブリンE の2種類のア ...
脆弱X症候群の治療薬等としての有用性が期待できる、ドレブリンAの発現を特異的に抑制することができるアンチセンスオリゴヌクレオチドを提供すること。ドレブリン...

関連画像

Follow ドレブリンおじさん25.海馬錐体細胞における代謝 やわらかい脳”の仕組みを  ドレブリンの局在変化に着目


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡