ドパミンβ水酸化酵素

出典: meddic

dopamine beta-hydroxylase
ドーパミンベータ水酸化酵素ドパミンベータ水酸化酵素ドーパミンβ水酸化酵素ドパミンβヒドロキシラーゼドーパミンβヒドロキシラーゼ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-010 カエルII型およびIII型様細胞におけるドパミン・β-水酸化酵素の免疫陽性反応(ポスターセッション,2007年度日本味と匂学会第41回大会)
  • 安藤 宏,富田 美穂子,井上 勝博,浅沼 直和
  • 日本味と匂学会誌 14(3), 275-278, 2007-12
  • NAID 110006651212
  • 犬のチロシン水酸化酵素遺伝子およびドーパミンβ水酸化酵素遺伝子 : その塩基配列, 遺伝子多型, および5犬種における多様性(動物行動学)
  • 武内 ゆかり,橋爪 千恵,CHON Esther Myung Ha,桃沢 幸秀,増田 宏司,菊水 健史,森 裕司
  • The journal of veterinary medical science 67(9), 861-867, 2005-09-25
  • 犬の行動傾向に関連する遺伝的背景を解明する第一段階として, 本研究では脳内神経伝達物質として重要なドーパミンおよびノルアドレナリンの合成酵素であるチロシン水酸化酵素(TH)およびドーパミンβ水酸化酵素(DBH)を候補遺伝子として取りあげ, これらの遺伝子における翻訳領域の塩基配列を決定した.続いて10頭のビーグル犬より得られたcDNAを用いて各遺伝子の多型を検索したところ, TH遺伝子においてはC …
  • NAID 110003983154

関連リンク

このドーパミンはさらにドーパミンβ水酸化酵素という酵素でノルアドレナリンになりますし、これはさらにエピネフリンに変わります。ですから、1950年代まではドーパミンはノルエピネフリンや ...
ニューロンにのみ存在の確立しているチロシン水酸化酵素(TH)とドーパミンβ・水酸化酵素(DBH)をマーカーとして脳内アミンニューロンを分類する時, セロトニンは明らかに除外でき, またTHのみ存在するドーバミンニューロンとTHと ...

関連画像

ノルアドレナリン神経系トップページ > 講演会 > 第67回 出典: http://www.nanbyou.or.jp/entry カテコールアミンの生合成経路Wearing Off現象 L-ドパの薬効時間 トップページ > 講演会 > 第67回


★リンクテーブル★
先読みドーパミンβ水酸化酵素
リンク元dopamine beta-hydroxylase」「ドパミンベータ水酸化酵素」「ドパミンβヒドロキシラーゼ」「ドーパミンベータ水酸化酵素」「ドーパミンβヒドロキシラーゼ
関連記事ドパミン」「酵素」「水酸化酵素」「水酸化」「酸化

ドーパミンβ水酸化酵素」

  [★]

dopamine beta-hydroxylase


dopamine beta-hydroxylase」

  [★]


ドパミンベータ水酸化酵素」

  [★]

dopamine beta-hydroxylase
ドーパミンベータ水酸化酵素ドパミンβ水酸化酵素ドーパミンβ水酸化酵素ドパミンβヒドロキシラーゼドーパミンβヒドロキシラーゼ

ドパミンβヒドロキシラーゼ」

  [★]

dopamine beta-hydroxylase
ドーパミンベータ水酸化酵素ドパミンベータ水酸化酵素ドパミンβ水酸化酵素ドーパミンβ水酸化酵素ドーパミンβヒドロキシラーゼ

ドーパミンベータ水酸化酵素」

  [★]

dopamine beta-hydroxylase
ドパミンベータ水酸化酵素ドパミンβ水酸化酵素ドーパミンβ水酸化酵素ドパミンβヒドロキシラーゼドーパミンβヒドロキシラーゼ


ドーパミンβヒドロキシラーゼ」

  [★]

dopamine beta-hydroxylase
ドーパミンベータ水酸化酵素ドパミンベータ水酸化酵素ドパミンβ水酸化酵素ドーパミンβ水酸化酵素ドパミンβヒドロキシラーゼ


ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態




酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





水酸化酵素」

  [★]

hydroxylase
モノオキシゲナーゼヒドロキシラーゼ混合機能酸素添加酵素、混合機能オキシダーゼ


水酸化」

  [★]

hydroxylation
ヒドロキシヒドロキシル化ハイドロキシヒドロキシ化


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3