トンネル感染

出典: meddic

tunnel infection


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 外科的処置を必要とした腹膜透析カテーテル関連合併症の検討
  • 石丸 哲也,内田 広夫,川嶋 寛,五藤 周,佐藤 かおり,吉田 真理子,藤永 周一郎,岩中 督,北野 良博
  • 日本小児外科学会雑誌 46(7), 1095-1101, 2010-12-20
  • … 位置異常が6例,大網巻絡が4例(重複あり),腸管壁との接触1例が挙げられ,大網切除(5例,そのうち4例は腹腔鏡下)やカテーテル入れ替え(2例),先端位置修正(2例)が行われた.続いて多かったのが,出口部感染(3例),トンネル感染(3例),腹膜炎(1例)などの感染性合併症7例であり,これらは晩期合併症であり(中央値265日,126〜701日),低年齢の患児に有意に起こりやすかった(中央値14か月,2〜200か月).カテーテル入れ替えが3例に,カフシェー …
  • NAID 110007989301
  • 皮下トンネル感染から頻回に腹膜炎を起こし,その原因としてbiofilm形成が考えられた1例 (看護セッション 私たちはこうしている) -- (腹膜炎・カテーテル感染症)
  • 兼本 恵子,佐々木 七恵,足利 栄仁 [他]
  • 腹膜透析 2010, 340-342, 2010
  • NAID 40017387619

関連リンク

カテーテルが皮膚の出口部から腹腔の中に入るまでには、皮下トンネル(カテーテルが皮膚のすぐ下を通っているところ)が作られていて、カテーテルにもカフという綿のようなものが付いています。このため、通常は出口部付近の細菌 ...
期留置カテーテルでは,ハブの汚染がカテーテ ル感染に影響するといわれている.血液製剤や 脂肪製剤などを使用する際,汚染によって微生 物増殖を助長する可能性があるため,24 時間以 内に交換することが推奨される.通常の使用で

関連画像

在宅療法での作業疥癬トンネルの模式図出口部・トンネル感染速やかな診断で感染を 出口部/トンネル感染&腹膜炎 出口部・トンネル感染


★リンクテーブル★
関連記事感染

感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡