トレンデレンブルグ現象

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

トレンデレンブルグ徴候(Trendelenburg's sign)とは、中殿筋が麻痺しているとき、歩行 の片足支持期に骨盤が傾く現象をいう。 中殿筋は立位姿勢を保持するのに重要な筋( 筋肉)のひとつである。歩行の片足支持期には支持側の中殿筋が収縮し、骨盤を水平に ...
右が正常時 片方の足で立つと反対の骨盤が持ち上がる。 左がトレンデレンブルグ現象 患足(この場合は左足)で立つと、足の上に体幹の重心を持ってくるために、反対の骨盤 が下がり、体幹を側屈させる。 中殿筋麻痺や先天性股関節脱臼などでみられる。

関連画像

 ),トレンデレンブルグ現象があるとトレンデレンブルグ 殿筋(大殿筋、中殿筋、小殿筋 トレンデレンブルグ現象は、中


★リンクテーブル★
関連記事現象

現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡