トレハロース

出典: meddic

trehalose



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/28 18:25:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マルトースとトレハロースの上手な使い方 : 糖の特徴を活用して (特集 糖質の科学 : 機能・物性・役割を知ろう)
  • トレハロース誘導体の粘膜アジュバント活性 : 経鼻免疫を行ったマウスでの液性免疫増強効果の検討
  • 岩手医学雑誌 = The journal of the Iwate Medical Association 68(2), 81-95, 2016-06
  • NAID 40020892429
  • 介護食へのトレハロースの活用 (特集 おいしく食べよう! 介護食・高齢者食 : 新・特別用途食品の活用)

関連画像

トレハロースが安く手に入る な宇宙人のCMの「トレハロース トレハロース(2kg): |製菓・製 添加剤】トレハロース - 北斗 ・ジーメンスとトレハロース トレハロースについて

添付文書

薬効分類名

  • アンジオテンシン変換選択性阻害剤

販売名

イミダプリル塩酸塩錠2.5mg「DSEP」

組成

  • 1錠中に次の成分を含有

有効成分

  • イミダプリル塩酸塩(日局) 2.5mg

添加物

  • 乳糖水和物、トレハロース水和物、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、三二酸化鉄、硬化油、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し、過敏症の既往歴のある患者
  • 血管浮腫の既往歴のある患者(アンジオテンシン変換酵素阻害剤等の薬剤による血管浮腫、遺伝性血管浮腫、後天性血管浮腫、特発性血管浮腫等)[呼吸困難を伴う血管浮腫を発現することがある。]
  • デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスを施行中の患者[ショックを起こすことがある。](「相互作用」の項参照)
  • アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた血液透析施行中の患者[アナフィラキシーを発現することがある。](「相互作用」の項参照)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • アリスキレンフマル酸塩を投与中の糖尿病患者(ただし、他の降圧治療を行ってもなお血圧のコントロールが著しく不良の患者を除く)[非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスク増加が報告されている。](「重要な基本的注意」の項参照)

効能または効果

  • 〔イミダプリル塩酸塩錠2.5mg「DSEP」、イミダプリル塩酸塩錠5mg「DSEP」〕

高血圧症、腎実質性高血圧症、1型糖尿病に伴う糖尿病性腎症

  • 〔イミダプリル塩酸塩錠10mg「DSEP」〕

高血圧症、腎実質性高血圧症

○高血圧症、腎実質性高血圧症

  • 〔イミダプリル塩酸塩錠2.5mg「DSEP」、イミダプリル塩酸塩錠5mg「DSEP」、イミダプリル塩酸塩錠10mg「DSEP」〕
    通常、成人にはイミダプリル塩酸塩として5〜10mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、重症高血圧症、腎障害を伴う高血圧症又は腎実質性高血圧症の患者では2.5mgから投与を開始することが望ましい。

○1型糖尿病に伴う糖尿病性腎症

  • 〔イミダプリル塩酸塩錠2.5mg「DSEP」、イミダプリル塩酸塩錠5mg「DSEP」〕
    通常、成人にはイミダプリル塩酸塩として5mgを1日1回経口投与する。ただし、重篤な腎障害を伴う患者では2.5mgから投与を開始することが望ましい。
  • クレアチニンクリアランスが30mL/分以下、又は血清クレアチニンが3mg/dL以上の重篤な腎機能障害のある患者では、投与量を半量にするか、もしくは投与間隔をのばすなど慎重に投与すること。[排泄の遅延による過度の血圧低下及び腎機能を悪化させるおそれがある。](「慎重投与」の項参照)

慎重投与

  • 両側性腎動脈狭窄のある患者又は片腎で腎動脈狭窄のある患者(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 高カリウム血症の患者(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 腎機能障害のある患者(「用法・用量に関連する使用上の注意」及び「重大な副作用」の項参照)
  • 脳血管障害のある患者[過度の降圧が脳血流不全を惹起し、病態を悪化させることがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

  • 呼吸困難を伴う顔面、舌、声門、喉頭の腫脹を症状とする血管浮腫があらわれることがあるので、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤の投与及び気道確保等の適切な処置を行うこと。(頻度不明)
  • 重篤な血小板減少があらわれることがあるので、このような場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。(頻度不明)
  • 急性腎不全、また、腎機能障害の増悪があらわれることがあるので、腎機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。(頻度不明)
  • 重篤な高カリウム血症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。(頻度不明)
  • 紅皮症(剥脱性皮膚炎)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、天疱瘡様症状があらわれることがあるので、紅斑、水疱、そう痒、発熱、粘膜疹等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。(頻度不明)

薬効薬理

  • イミダプリル塩酸塩は経口投与後、加水分解により活性代謝物であるジアシド体(イミダプリラート)に変換される。イミダプリラートが血中・組織中のACE活性を阻害し、昇圧物質であるアンジオテンシンIIの生成を抑制することによって降圧作用を発現する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • イミダプリル塩酸塩(Imidapril Hydrochloride)

化学名:

  • (4S )-3-{(2S )-2-[(1S )-1-Ethoxycarbonyl-3-phenylpropylamino]propanoyl}-1-methyl-2-oxoimidazolidine-4-carboxylic acid monohydrochloride

分子式:

  • C20H27N3O6・HCl

分子量:

  • 441.91
  • 約203℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元トレハラーゼ
拡張検索トレハロース分解酵素
関連記事ハロ」「ハロー

トレハラーゼ」

  [★]

trehalase
  • トレハロースの1,1-グリコシド結合を切断してグルコースを生成する、のでしょう。


トレハロース分解酵素」

  [★]

trehalase
トレハラーゼ


ハロ」

  [★]

halo
ハロゲンハロー光ぼけ


ハロー」

  [★]

halo
ハロハロゲン光ぼけ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡