トレオニン

出典: meddic

スレオニン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/09 05:05:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 機械学習によるタンパク質のO型糖鎖修飾部位の予測とその機能の考察(知的システム,一般)
  • 西川 郁子,伊藤 將弘,福地 佐斗志,本間 桂一,西川 建
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 111(157), 119-122, 2011-07-18
  • … うち,機構の詳細が未解明であるO型糖鎖修飾を対象として,機械学習により修飾部位の予測を行った.タンパク質配列データベースUniProtから得た実験的知見を元に,サポートベクターマシンを用いて,セリンやトレオニン部位に対する修飾の有無を予測する.本報告では特に,アミノ酸配列上での修飾部位の分布の偏りに着目し,修飾部位を二つのタイプに分類し,個別に予測器を構築した.その結果,予測精度が84.3%まで向上し,ま …
  • NAID 110008800934
  • Gタンパク質共役受容体キナーゼ(GRK)
  • 芳賀 達也
  • 日本薬理学雑誌 136(4), 215-218, 2010-10-01
  • … Gタンパク質共役受容体キナーゼ(G Protein-coupled Receptor Kinase: GRK)の分子機能,分子構造,生理的役割を解説する.GRKは,Gタンパク質共役受容体(G Protein-Coupled Receptor: GPCR)をリン酸化するセリン・トレオニンキナーゼである.基本的な作用機構は,(1)アゴニスト結合した受容体(GPCR)がGRKを活性化,(2)活性化されたGRKが受容体をリン酸化,(3)リン酸化された受容体にアレスチン(arrestin)が結合,(4)その結果受容体の脱 …
  • NAID 10027584131

関連リンク

トレオニン (threonine) はアミノ酸の一種で、側鎖にヒドロキシエチル基を持つ。読みの 違いでスレオニンと表記されることも多い。略号は Thr または T。トレオースに構造が似 ていることから命名された。 極性無電荷側鎖アミノ酸に分類される。必須アミノ酸の1つ。

関連画像

トレオニン合成酵素の計算 フィッシャー投影式で表したD トレオニン(Threonine) - アーク トレオニンの画像 - 原寸画像 トレオニンの画像 - 原寸画像 トレオニン

添付文書

薬効分類名

  • 総合アミノ酸製剤

販売名

モリプロンF輸液

組成

  • 本剤は下記の成分を含有する。

成分 1袋(200mL)中

  • L‐イソロイシン    1.120g
    L‐ロイシン      2.500g
    L‐リシン酢酸塩   2.480g
    L‐メチオニン     0.700g
    L‐フェニルアラニン 1.870g
    L‐トレオニン     1.300g
    L‐トリプトファン    0.260g
    L‐バリン        0.900g
    L‐アラニン      1.240g
    L‐アルギニン     1.580g
    L‐アスパラギン酸  0.760g
    L‐システイン     0.200g
    L‐グルタミン酸    1.300g
    L‐ヒスチジン     1.200g
    L‐プロリン       0.660g
    L‐セリン        0.440g
    L‐チロシン      0.070g
    グリシン        2.140g
      アミノ酸合計   20.720g
      アミノ酸濃度   10.360w/v%

添加物 1袋(200mL)中

  • 亜硫酸水素ナトリウム 0.030g

総窒素量

  • 15.2mg/mL

総遊離アミノ酸濃度

  • 10.000w/v%

必須アミノ酸/非必須アミノ酸

  • 1.09

電解質量

  • Na     <1.5mEq/L
    CH3COO 約60mEq/L

禁忌

  • 肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれのある患者

[アミノ酸インバランスを助長し、肝性昏睡を悪化又は誘発させるおそれがある。]

  • 重篤な腎障害又は高窒素血症のある患者

[窒素化合物の負荷により原病の症状を悪化させるおそれがある。]

  • アミノ酸代謝異常のある患者

[アミノ酸インバランスを助長させるおそれがある。]

効能または効果

  • 下記状態時のアミノ酸補給

  低蛋白血症、低栄養状態、手術前後

末梢静脈投与時

  • 通常成人1回200〜400mLを緩徐に点滴静注する。投与速度は、アミノ酸の量として60分間に10g前後が体内利用に望ましく、通常成人200mLあたり約120分を基準とし、小児、老人、重篤な患者にはさらに緩徐に注入する。

なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。
生体のアミノ酸利用効率上、糖類輸液剤と同時投与することが望ましい。

中心静脈投与時

  • 通常成人1日400〜800mLを高カロリー輸液法により中心静脈内に持続点滴注入する。

なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。

慎重投与

  • 高度のアシドーシスのある患者

[本剤の大量投与によりアシドーシスを悪化させるおそれがある。]

  • うっ血性心不全のある患者

[循環血液量の増加により心負荷増大のおそれがある。]

  • 低ナトリウム血症の患者

[本剤はナトリウムをほとんど含まないため、低ナトリウム血症を悪化させるおそれがある。]

薬効薬理

  • アミノ酸組成は、FAO/WHO(1965年)の基準に基づき、必須アミノ酸と非必須アミノ酸をほぼ1:1の比率に配合してあり、窒素出納を改善する。5〜7)


★リンクテーブル★
先読みスレオニン
リンク元T」「透過率」「L-スレオニン」「2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸」「Thr
拡張検索トレオニンデヒドラターゼ」「セリン・トレオニンホスファターゼ」「セリン-トレオニンキナーゼ」「トレオニンtRNA
関連記事トレオ

スレオニン」

  [★]

threonine Thr T
2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸 2-amino-3-hydroxybutyric acidL-トレオニン L-threonine
アミノ酸


  • 極性。無電荷
  • ヒドロキシル基を有する。
  • セリンの側鎖で-CH2OHのうち、炭素に結合している-Hを-CH3に置き換えた形をしている。(-CH(CH3)-OH)
-CH(CH3)-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH(CH3)-O-H2PO3



T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

透過率」

  [★]

(物質の)permeability、(光の)transmittanceT
浸透性スレオニンチミン透過性トレオニン透過度

L-スレオニン」

  [★]

L-threonine
L-threoninum
L-トレオニン
スレオニントレオニン


2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸」

  [★]

2-amino-3-hydroxybutyric acid
トレオニン

Thr」

  [★]

トレオニン


トレオニン


トレオニンデヒドラターゼ」

  [★]

threonine dehydratase
スレオニン脱水酵素スレオニンデヒドラターゼ

セリン・トレオニンホスファターゼ」

  [★]

serine-threonine phosphatase
セリン・スレオニンホスファターゼ

セリン-トレオニンキナーゼ」

  [★]

serine-threonine kinase
プロテインキナーゼ


トレオニンtRNA」

  [★]

(n
スレオニンtRNA

トレオ」

  [★]

threo
スレオ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡