トリメタファン

出典: meddic


和文文献

  • NLA原法にプロポフォール,トリメタファン,プロスタグランジンE_1を併用した低血圧麻酔の臨床的検討
  • 吉富 達志,横山 幸三,西原 正弘,若松 愛子,椙山 加綱
  • 日本歯科麻酔学会雑誌 28(3), 322-328, 2000-07-15
  • NAID 10007926035
  • トリメタファン, プロスタグラディンE_1および胸部硬膜外ブロックによる血圧低下の門脈血酸素化への影響
  • 早川 準,佐々木 俊郎,浅田 美恵子,野瀬 浩文,柴田 俊成,磨田 裕
  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 16(5), 433-438, 1996-06-15
  • NAID 10010948935

関連リンク

ヘキサメトニウム hexamethonium ニコチン性アセチルコリン受容体拮抗薬、自律神経節遮断、競合的神経節遮断薬 最初に導入された高血圧治療薬(1952年) 神経筋接合部に作用しない。他に施しようのない高血圧の治療 トリメタファン ...
トリメタファンは、中枢性筋弛緩薬・末梢性筋弛緩薬(競合性/脱分極性)・骨格筋直接作用薬の4つの内、どれに分類されるのでしょうか?またはこの4つのどれにも当てはま...

関連画像

c07174 compound トリメタファン


★リンクテーブル★
リンク元アセチルコリン受容体」「trimetaphan
拡張検索カンシル酸トリメタファン
関連記事トリ」「ファン

アセチルコリン受容体」

  [★]

acetylcholine receptor, AChR
コリン作動性受容体 (SPC.134)、Ach受容体アセチルコリン作動性受容体
アドレナリン受容体アセチルコリン

アセチルコリン受容体 (SP.412)

アセチルコリン受容体 作動薬 遮断薬 存在部位 作用
ニコチン性受容体 イオンチャネル型受容体 NN ジメチルフェニルピペラジニウム トリメタファン 自律神経節 節後細胞脱分極(fast EPSP発生)
ニコチン ヘキサメソニウム 副腎髄質 カテコールアミン分泌促進
ムスカリン性受容体 Gタンパク共役型受容体 M1 オキソトレモリン ピレンゼピン 自律神経節 節後細胞脱分極(slow EPSP発生)
ムスカリン アトロピン
M2 ムスカリン トリピトラミン 心臓 心拍数,伝導速度,心房収縮力低下
アトロピン
M3 ムスカリン ダリフェナシン 平滑筋 収縮
アトロピン 分泌腺 分泌促進



trimetaphan」

  [★]

トリメタファン

trimetaphan camsilatetrimethaphan


カンシル酸トリメタファン」

  [★]

trimetaphan camsilate
トリメタファン


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類


ファン」

  [★]

fan
送風機




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡