トリベノシド

出典: meddic

tribenoside
ヘモクロンヘモタイトボラザGモトクロン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/14 20:55:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 45 トリベノシドによるアレルギー性接触皮膚炎の1例(薬物アレルギー・薬剤性障害2,一般演題,第21回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 井上 歩美,峠岡 理沙,加藤 則人,岸本 三郎
  • アレルギー 58(3・4), 400, 2009-04-30
  • NAID 110007455370
  • 外痔核に対する外用薬により薬物性肝障害を惹起した1例
  • 森澤 嘉彦,田中 篤,三浦 亮,深水 雅子,後藤 英晃,根來 真一郎,三神 昌樹,塙 直子,相磯 光彦,福里 利夫,滝川 一
  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 49(8), 362-367, 2008-08-25
  • … 科紹介入院となった.各種ウイルスマーカーや自己抗体は陰性であり,アルコール摂取や自然食品も含めた内服薬服用はなかった.しかし肝機能異常発現前の2006年2月から,外痔核に対してボラザG坐薬(トリベノシドとリドカインの合剤)とネリプロクト軟膏(吉草酸ジフルコルトロンとリドカインの合剤)を処方され使用していることが判明した.両剤の使用・中止と肝機能異常の出現・消退との時間的な経過が一致 …
  • NAID 10021939356

関連リンク

ヘモクロンとは?トリベノシドの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版)
〔慎〕薬剤・食物過敏歴,アレルギー性疾患歴,他のトリベノシド製剤併用時,慢性関節 リウマチ. 〔相〕併用注意:ワルファリンの作用を増強. 〔副〕発疹,そう痒感→中止.悪心, 嘔吐,食欲不振,下痢,便秘,胃痛,腹痛,胃のもたれ感,口内乾燥感,口唇小水疱,口角炎, 頭痛, ...

関連画像

カプセル トリベノシド プロクトセディル坐薬⑤ ヘルミチン s 局所 麻酔薬 と プロクトセディル軟膏カテゴリ: 知識

添付文書

薬効分類名

  • 経口痔核治療剤

販売名

ヘモタイトカプセル200mg

組成

有効成分

  • トリベノシド

含量(1カプセル中)

  • 200mg

添加物

  • カプセル本体にゼラチン、グリセリン、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル、酸化チタン含有

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 内痔核に伴う出血・腫脹
  • 通常成人は、1回1カプセル(トリベノシドとして200mg)を1日3回食後に経口投与する。

慎重投与

  • 他の薬剤や食物等に対する過敏症の既往歴のある患者[発疹等の過敏症状発現率が高い傾向にある。]
  • 気管支喘息、アレルギー性鼻炎等アレルギー疾患の患者及びそれらの既往歴のある患者[発疹等の過敏症状発現率が高い傾向にある。]
  • 他のトリベノシド製剤が併用される患者[トリベノシドの血中濃度が上昇する。]
  • 慢性関節リウマチの患者[動物実験でアジュバント関節炎を増強させる傾向が報告されている。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

多形(滲出性)紅斑

(頻度不明)

  • 多形(滲出性)紅斑があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • トリベノシドは、微細循環改善作用、創傷治癒・肉芽増殖作用、抗浮腫作用、鎮痛作用を併せ持つ。

微細循環改善作用1)〜3)

  • Selyeの血栓・出血現象(ラット)及びendotoxin shock(ラット)による血小板凝集・微細血栓の形成・血流等の微循環の障害を抑制し、摘出門脈(マウス)の内流出量を増加し、またジヒドロエルゴタミンによる流出量減少の回復を促進する。

創傷治癒・肉芽増殖作用4),5)

  • 動物実験(ラット)において肉芽形成の促進作用が認められる。

抗浮腫作用4)

  • ヒスタミン及びセロトニンを起炎物質として惹起された血管透過性亢進及び浮腫を抑制する(ラット)。

鎮痛作用4),6)

  • Haffner変法、酢酸stretching法、writhing syndrome法による動物実験(マウス)で末梢性の鎮痛作用が観察される。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • トリベノシド(Tribenoside)

化学名

  • Ethyl-3,5,6-tri-O -benzyl-D-glucofuranoside

分子式

  • C29H34O6

分子量

  • 478.58

性状

  • 無色〜淡黄色の粘稠性のある液で、においはないか又はわずかに特異なにおいがあり、味はない。
    メタノール、酢酸(100)、エタノール(95)、アセトン、酢酸エチル、ジエチルエーテル又はクロロホルムと混和する。水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元ボラザG」「ヘモリサット」「ジボラン」「ヘモジャスト」「ベルトリド
関連記事トリ

ボラザG」

  [★] トリベノシドリドカイン


ヘモリサット」

  [★] トリベノシドリドカイン


ジボラン」

  [★] トリベノシドリドカイン


ヘモジャスト」

  [★] トリベノシドリドカイン


ベルトリド」

  [★] トリベノシドリドカイン


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3