トランスフェクション

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/01 03:36:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-15-3 マルチトランスフェクションプレートを用いた上皮性卵巣癌の新規分子標的の探索(Group 15 卵巣腫瘍・基礎2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)
  • 田中 英雄,片国 史夫,野村 弘行,津田 浩史,進 伸幸,高野 政志,板持 広明,紀川 純三,斉藤 広子,三木 義男,吉村 泰典,青木 大輔
  • 日本産科婦人科學會雜誌 66(2), 510, 2014-02-01
  • NAID 110009811750
  • P3-005  転写抑制因子ets variant 6の発現を抑制するmicroRNAの阻害は,関節リウマチ滑膜線維芽細胞からのinterleukin-6とmatrix metalloproteinase-3産生を抑制する
  • 長谷川 久紀,溝口 史高,宮坂 信之,上阪 等
  • 日本臨床免疫学会会誌 37(4), 343a-343a, 2014
  • … 的とした新規治療法の開発を目指し,RAの病態に深く関わるinterleukin-6(IL-6)とmatrix metalloproteinase-3(MMP-3)の発現を制御するmiRNAの同定を目的とした.【方法】RASF株に924種類のmiRNA阻害剤をそれぞれトランスフェクションした後,TNF-α存在下で培養し,上清中のIL-6,MMP-3濃度をELISAで測定した.miRNAの標的遺伝子はseed sequenceに基づき推定し,その遺伝子の蛋白発現をWestern blottingで確認した.【結果】IL-6とMMP-3の両者の産 …
  • NAID 130004694253
  • 2P-174 リバーストランスフェクションを用いた細胞遊走評価マイクロデバイス(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演)
  • 榎本 詢子,長崎 玲子,藤田 聡史,福田 淳二
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 65, 148, 2013-08-25
  • NAID 110009737840

関連リンク

トランスフェクション概論 通常、哺乳類由来の細胞では、外部から添加したDNAの取込と発現の効率が極めて低くなります。 その主な理由は、真核生物が有する細胞膜の脂質二重層がフィル
トランスフェクション試薬選択ガイドです。DNA・siRANのトランスフェクションや抗体・ウィルスのトランスフェクション、また、タンパク質・ペプチドのトランスフェクションなど導入したい分子によって利用可能な製品の選択が可能 ...

関連画像

 トランスフェクション試薬の トランスフェクション効率を高い トランスフェクション  トランスフェクション効率を を核内へトランスフェクションしたDNAトランスフェクション


★リンクテーブル★
リンク元移入」「形質移入」「transfection
関連記事トランス

移入」

  [★]

importimplantationmigrationtransfectioningressionimporttransfect
移行移植泳動形質移入刺入着床転位トランスフェクション遊出遊走輸入打ち込み埋め込み埋没植え込み目的地トランスフェクト連鎖移住運び入れる

形質移入」

  [★]

transfectiontransfect
移入トランスフェクショントランスフェクト


transfection」

  [★] トランスフェクション


トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡