トランスグルタミナーゼ

出典: meddic

transglutaminase, TGase
グルタミン転移酵素
トランスグルタミナーゼ周辺帯


トランスグルタミナーゼ1

transglutaminase 1, tgase 1

臨床関連

  • 葉状魚鱗癬
  • 92kDa
  • 817AA
  • 有棘層上層~顆粒層
  • 機能:ε-(γ-グルタミル)リジン結合を作る。周辺帯の形成に関わる

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/22 15:40:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 分子間架橋導入による食品タンパク質ゲルの改質とその特性解析 : トランスグルタミナーゼが鶏,魚ならびにその混合アクトミオシン溶液の加熱ゲル化に及ぼす影響
  • 岩崎 智仁,渡邊 毅,森谷 紀治,舩津 保浩,山本 克博
  • 酪農学園大学紀要. 自然科学編 36(2), 263-270, 2012-04
  • NAID 110008923155
  • 症例報告 血中自己抗体の検索を行ったDuhring疱疹状皮膚炎の1例
  • 安岡 美聡,大内 健嗣,馬場 あゆみ [他]
  • 臨床皮膚科 65(7), 487-491, 2011-06
  • NAID 40018874322

関連リンク

Vol.26 No.9 2009 1.物 性 トランスグルタミナーゼは牛,豚,魚肉のほか,植物など自然界に幅広く存在し,ヒトを含めた動 物の臓器中に分布する。分子量は3万から10万 程度である。現在,食品用・工業用に生産されて
トランスグルタミナーゼは酵素の一つであり、主にタンパク質とタンパク質をつなぎ合わせる(架橋する)活性を持ちます。微生物から哺乳類まで多種多様の生物が体内に有し、さまざまな生命活動に... ... トランスグルタミナーゼ ...
これはぶつ切りにしたカレイの切り身の断面です。一見何でもないようですが、良く見てください。中骨がありません。 ・・・ ぶつ切りにしただけにしか見えない切り身ですが、処理の段階で一度身を切り開いて骨をとり除いて ...

関連画像

トランスグルタミナーゼの反応 酵素の翻訳後修飾機能を利用 図2:トランスグルタミナーゼ 「トランスグルタミナーゼ トランスグルタミナーゼによる トランスグルタミナーゼによる


★リンクテーブル★
先読み周辺帯
リンク元魚鱗癬」「疱疹状皮膚炎」「transglutaminase」「グルタミン転移酵素
拡張検索トランスグルタミナーゼ1
関連記事トランス

周辺帯」

  [★]

cornified cell envelope, marginal band
辺縁帯
[[]]

皮膚科学


臨床関連


魚鱗癬」

  [★]

ichthyosis
角化症


概念

  • 角質層の形成と剥脱機構に異常が生じ、結果として角質層の異常堆積が起こり、皮膚表面が魚のウロコ状を呈する疾患群

魚鱗癬

  • 遺伝性の魚鱗癬
  • 内臓病変を随伴する魚鱗癬(魚鱗癬症候群)

遺伝性の魚鱗癬 (NDE.229)

  尋常性魚鱗癬 伴性遺伝性魚鱗癬 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症 非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症葉状魚鱗癬 道化師様魚鱗癬
頻度 しばしば ときに まれ まれ きわめてまれ
遺伝形式 常染色体優性 X染色体劣性 常染色体優性 常染色体劣性 常染色体劣性
発症時期 乳幼児 生下時~出生直後 生下時~出生直後 生下時 生下時
皮膚症状 部位 四肢,体幹(背部>腹部)
間擦部
伸側>屈側
腹部>背部
間擦部
伸側=屈側
全身 全身 全身
形態 細かい鱗屑 黒褐色,大きな鱗屑 角質増殖が強い 潮紅,細かい鱗屑~暗褐色,大きな鱗屑(葉状魚鱗癬) きわめて厚い角質,ひびわれ,眼瞼外反
病理組織 角質の肥厚と顆粒層の菲薄化 角質の肥厚,顆粒層はほぼ正常 顆粒変性 わないものがある) 著明な角質増殖
病因 フィラグリン産生低下 ステロイドスルファターゼの欠損 ケラチン遺伝子(K1/K10)の異常 一部はトランスグルタミナーゼの欠損 不明


疱疹状皮膚炎」

  [★]

herpetiformis
dermatitis herpetiformis, DH
ヘルペス状皮膚炎ジューリング疱疹状皮膚炎 Duhring疱疹状皮膚炎デューリング病 Duhring disease
表皮下水疱症


要点

病因

  • グルテンとそれに対するIgA抗体との免疫複合体が、皮膚沈着するため
  • 患者血清中に組織トランスグルタミナーゼに対するIgA抗体が存在

病理

  • 表皮下水疱
  • 真皮上層:浮腫。好酸球浸潤による微小膿瘍(真皮乳頭部好中球微小膿瘍)。

検査

  • 蛍光抗体直接法:真皮乳頭部に顆粒状にIgA の沈着
  • 末梢血:好酸球増多。抗皮膚自己抗体は検出されない
  • HLA-B8と関連

診断

  • 多彩な皮疹、強い掻痒などの臨床症状、表皮下水疱、IgA顆粒状沈着、DDSによる症状の改善
  • 日本人には本疾患はまれ。

治療

  • DDSなどのサルファ剤
  • 無グルテン食、抗ヒスタミン薬

鑑別診断

参考

  • 画像 - Dermatitis Herpetiformis Picture
[display]http://hardinmd.lib.uiowa.edu/dermnet/dermatitisherpetiformis30.html
  • 画像 - MedlinePlus
[display]http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/imagepages/2791.htm



transglutaminase」

  [★]

トランスグルタミナーゼグルタミン転移酵素


グルタミン転移酵素」

  [★]

transglutaminase
トランスグルタミナーゼ


トランスグルタミナーゼ1」

  [★]

redirect トランスグルタミナーゼ

トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡