トラピジル

出典: meddic

trapidil
アンギクロメンエステリノールオールパールンカルナコールセオアニンロコルナール
  • 冠血管拡張薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血小板由来増殖因子に対するトラピジルの抑制機序の検討
  • 0851 心筋梗塞慢性期における抗血小板薬、アスピリン、トラピジルの効果
  • 泰江 弘文,小川 久雄,田中 弘允,増田 善昭,石川 鉄司,齋藤 宗靖,本宮 武司,山口 徹,服部 隆一,宮崎 俊一,田村 禎通
  • Japanese circulation journal 62(SupplementI), 318, 1998-02-28
  • NAID 110002562230

関連リンク

ロコルナールとは?トラピジルの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)

関連画像

トラマール│お薬事典│トラ トラピジル構造式トラベルミン配合錠│お薬事典 トラピジル錠50mg「タカタ 日本新薬 トラマールカプセル コメリアンコーワの処方目的

添付文書

薬効分類名

  • 循環機能改善剤

販売名

  • ペルカラート錠100mg

組成

  • ペルカラート錠100mgは、1錠中にトラピジル100mgを含有する。
  • 添加物として結晶セルロース、トウモロコシデンプン、カルメロースカルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール6000及びカルナウバロウを含有する。

効能または効果

  • 狭心症
  • 通常、成人1回1錠、1日3回経口投与する。

なお、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害のある患者[副作用が発現しやすくなる。]

重大な副作用

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸

(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP上昇等の肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • トラピジル (Trapidil)

化学名:

  • 7-Diethylamino-5-methyl [1.2.4] triazolo [1,5-α] pyrimidine

化学構造式:

分子式:

  • C10H15N5

分子量:

  • 205.26

融点:

  • 101?105℃

性状:

  • 本品は白色?微黄白色の結晶性の粉末である。水又はメタノールに極めて溶けやすく、エタノール(95)、無水酢酸又は酢酸(100)に溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けにくい。

本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは6.5?7.5である。 ■


★リンクテーブル★
リンク元血管拡張剤」「抗狭心症薬

血管拡張剤」

  [★]

vasodilatorvasodilatator
血管拡張薬

商品

抗狭心症薬」

  [★]

antianginal agents, antianginal drug
狭心症

種類

硝酸薬

  • 冠血管スパズム緩解→酸素供給↑
  • 末梢血管拡張→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

特徴

  • 小動脈より静脈を拡張させる → 前負荷の減少
  • 冠血管では、細い動脈より太い動脈を弛緩させる

β遮断薬

  • 心筋抑制→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

Ca拮抗薬

  • 冠血管スパズム緩解→酸素供給↑ (SPC.226)
  • 心筋抑制→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

作用機序

  • 電位依存性型Ca2+チャネルのαサブユニットに作用

その他の冠血管拡張薬

抗狭心症薬の使い分け

  労作時狭心症 安静時狭心症 不安定狭心症
硝酸薬
β遮断薬    
Ca拮抗薬    




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡