トヨタ記念病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • トヨタ記念病院

url

理念

  • 利用される方々の笑顔が私たちの誇りです。◆安心して受けられるよい医療◆主役はお客様◆地域社会への貢献

住所

  • 471-8513  豊田市平和町1丁目1番地 

診療の特徴、実績

  • 本院は地域の基幹病院として各分野の専門医師が常勤し、高度な医療設備を備えると共に、新生児医療(NICU15床)から、予防(健診センター設置)・治療・リハビリテーション・社会復帰まで、一連の診療体制が整っている。また、本院は地域2次救急指定病院であり、24時間体制で救急専任の医師および看護師を割り当て、1次・2次の患者にも対応している。時間外は内科・外科系・ICU・NICU・産婦人科の当直医師を毎日配置しており小児科当直医も2次救急日に配置している。さらに各専門医も全て救急対応可能な体制を整えている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 426.0人

一日平均外来患者数

  • 1,278.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 11.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 515件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 12件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/12回

当院の救急医療の特徴

  • 循環器及び脳血管疾患や多発外傷を中心とした急性期疾患を24時間体制でER型救急診療を行っている。【24時間常にレベル高い救急診療の提供】を目標としており、西三河北部の救急医療の中核を担い、日勤帯は5-6名以上の医師(研修医を含む)がERに常駐し、夜間においては7名以上の当直医体制(研修医3-4名)、さらに集中治療科や各科専門医との連携を密に北米型ERを実践している。ICUは救急外来(ERトヨタ)とエレベーターで直結し、迅速に集中管理体制への移行が可能である。また、救急専門医認定施設及び超音波専門医認定施設である。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急科/統合診療科

一日平均救急外来患者数

  • 119.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 17.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 82人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り(15,000円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 当直明け勤務については、必ず13時には帰宅できる体制を整えています。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院初期研修の特徴は、プライマリーケア研修の重視です。特に救急外来(ER)において実践的教育を実施しています。毎日行われる、その日の救急患者を題材にした教育がなされ、ERが研修医の集いの場になりつつあります。また毎週火曜日、金曜日朝には救急疾患を中心にしたモーニングセミナーがあり、月曜日、水曜日朝にも研修医主体のスモールカンファランスも行っています。2009年からは、救急専門医も赴任し当院の救急診療レベルは、さらに向上しました。また、外国人講師を含めた研修医教育に熱心な講師を吟味した各種教育的行事や米国St Elizabeth病院における家庭医研修等を実施しています。当院の研修医教育は、トヨタ流カイゼンを続けています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • トヨタ記念病院の研修の魅力はたくさんありますが、大きな魅力としては、やはり主体的な研修を行なえること、そして、先生方の人柄を含めた、研修に対する病院の深い理解と雰囲気の良さだと思います。上級医の先生方は教育に熱心で、分からないことがあれば、知識だけでなく一緒に考えながら実践的に答えを導く方法を教えて下さり、手技に関しても、丁寧な指導のもとで積極的にやらせて頂くことができます。積極的に取り組めば、各科を研修ローテーションする中で、多くのことを吸収できると思います。また、2年間を通して、当直をはじめとした救急外来におけるER業務では、研修医が第一線となってさまざまな患者さんに対する初期対応を行うことができ、それらの症例を通じて学ぶこと、気づかされることは自分の中での実践力となり、医師としてのスタートである研修医の時期に、このような明るい環境の中で、尊敬できる上級医の先生方のもとに救急研修を行え、非常に恵まれていると感じます。最後に、忘れてはいけないのが同期の仲間です。嬉しい時、辛い時、頑張らなければならない時、2年間の研修生活の中でお互いに支えあっていける仲間がトヨタ記念病院には、全国各地から集まっています。充実した研修生活を当院で過ごすことができ、非常に感謝しています。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/08 07:59:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 三胎妊娠をCSIIで管理した1型糖尿病の1例
  • P3-38-6 Posterior reversible encephalopathy syndromeの早期診断による子癇発症予防についての検討(Group140 妊娠高血圧症候群2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

関連リンク

トヨタ記念病院のWebサイトです。「利用される方々の笑顔が私たちの誇りです」 ... 【中途】薬剤師(常勤)の募集要項を掲載しました(2014/1/16) 麻酔科医(常勤)の募集要項を掲載しました(2014/12/25)
トヨタ記念病院のWebサイトです。急性期医療を担う診療科や臓器別センター、施設・病棟などをご紹介します。 ... 当院の内科には、循環器、呼吸器、消化器、神経、血液、腎・膠原病、内分泌、感染症の各分野の専門家がそろい、質 ...

関連画像

トヨタ記念病院トヨタ記念病院 | レジナビ  訪問したトヨタ記念病院でトヨタ記念病院



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡