トノフィラメント

出典: meddic

tonofilament
中間径フィラメント




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 犬落葉状天疱瘡において好中球はデスモソーム構造を伴う表皮細胞膜と接触する(内科学)
  • 薮添 敦史,西藤 公司,関口 麻衣子,清水 篤,桃井 康行,石河 晃,岩崎 利郎
  • The journal of veterinary medical science 70(8), 807-812, 2008-08-25
  • … の棘融解細胞周囲を複数の好中球が取り囲み,両者の接触部位において好中球細胞膜と棘融解細胞の半割デスモソーム構造が接していた.その半割デスモソーム構造は正常な接着帯構造とそれに付随するトノフィラメントを有していた.また,好中球細胞膜に半割デスモソーム構造が陥入し,両者の間隙に好中球顆粒が分泌されている像が観察され,さらに膿庖底部において2個の表皮細胞間に存在する半割デスモソーム構造の …
  • NAID 110006878928
  • 悪性エクリン管孔腫の細胞接着装置に関する超微形態学的研究
  • 瀬野尾 章
  • 桐生短期大学紀要 16, 1-5, 2005-12-06
  • … の不定形細胞まで存在し,核異型や核分裂像も認められた.小腺腔も一部で認められた.超微形態的には,腫瘍細胞は核小体明瞭なユークロマチンに富む核を持ち,細胞質内には豊富な遊離ポリソーム,少量のトノフィラメントや一部で小腺腔が観察された.これに加え細胞接着装置がしばしば観察された.この細胞接着装置の存在は腫瘍細胞が腺上皮由来であることを意味するもので,皮膚腫瘍のなかでエクリン管孔腫や悪性エク …
  • NAID 110005001064
  • 直腸肛門部類基底細胞癌の1例
  • 佐々木 陽一,垣花 昌彦,浦崎 政浩,野原 キクエ,横田 勝正,村上 俊一,山田 喬,金田 竜真
  • 日本臨床細胞学会雑誌 38(3), 259-267, 1999-05
  • NAID 110001225665

関連リンク

皮のⅠ型/Ⅲ型コラーゲンと基底板とを強固に結合している. 表皮ケラチノサイトは, デスモソームや裂隙接合,密接接合. B.表皮 5. 1. 1.表皮基底膜:表皮と真皮の結合 b.表皮細胞の接着. 図 1.9 表皮基底膜の電顕像. TF : tonofilament(トノフィラメント). ...
また生体への物理的な刺激に対抗し,. 容易に細胞が引き離されないような特徴的な 接着機構が表皮細. 胞間や基底膜との間に存在する. ケラチンは表皮細胞の細胞骨格 としてトノフィラメントを形. 成する.これは表皮細胞の形態保持に必要不可欠である. ケラ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み中間径フィラメント

中間径フィラメント」

  [★]

intermediate filament
中間径線維10nmフィラメント中間径繊維
細胞
tonofilament


  • 細胞骨格を構成している繊維状タンパク質





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡