デフェンシン

出典: meddic

defensin
コルチコスタチン corticostatin







和文文献

  • 1P-032 新規デフェンシンの膜構造と抗菌活性(蛋白質-構造機能相関,第47回日本生物物理学会年会)
  • Kawano Keiichi,Kouno Takahide,Fujitani Naoki,Mizuguchi Mineyuki,Osaki Tsukasa,Kawabata Shun-ichiro,Aizawa Tomoyasu,Demura Makoto
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S68, 2009-09-20
  • NAID 110008101332
  • 1TA1-09 新規デフェンシンの膜構造と抗菌活性(蛋白質-構造機能相関,第47回日本生物物理学会年会)
  • Kawano Keiichi,Kouno Takahide,Fujitani Naoki,Mizuguchi Mineyuki,Osaki Tsukasa,Kawabata Shin-ichiro,Aizawa Tomoyasu,Demura Makoto
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S26, 2009-09-20
  • NAID 110008101088

関連リンク

関連画像

自然免疫応用技研│学術情報 Monomeric and dimeric structures of human 自然免疫研究室 | 北海道大学 自然免疫による宿主生体防御 File:Monomeric and dimeric representations 自然免疫研究試薬(抗体・ELISA

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元アズール顆粒」「コルチコスタチン
拡張検索α-デフェンシン」「βデフェンシン」「αデフェンシン」「β-デフェンシン

アズール顆粒」

  [★]

azurophilic granule
顆粒白血球

概念

医学辞書
  • アズールによって赤紫色に染色される細胞質内の顆粒で、血液細胞(顆粒球、単球、リンパ球)にみられる。顆粒球において顕著で、前骨髄球段階から出現
  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

顆粒内に含まれる物質

BPT.39
NADPH + O2 -(NADPH oxidase)→ O2-・ (superoxide)
O2-・ -(spontaneous dismutation)→ H2O2 (gydrogen peroxide)
H2O2 -(myeloperoxidase)→ HOCl



コルチコスタチン」

  [★]

corticostatin
デフェンシン


α-デフェンシン」

  [★]

alpha-defensin
αデフェンシン


βデフェンシン」

  [★]

beta-defensin
β-デフェンシン


αデフェンシン」

  [★]

alpha-defensin
α-デフェンシン

β-デフェンシン」

  [★]

beta-defensin
βデフェンシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡