デスモコリン

出典: meddic

desmocollin


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • トランスレーショナルリサーチに向けた病理学的研究 : 消化管がんの新規診断マーカー・治療標的の同定
  • 大上 直秀,仙谷 和弘,坂本 直也,安井 弥
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 137(3), 146-149, 2011-03-01
  • … はREG4,OLFM4,MIA,MMP10,DKK4 等で,REG4 遺伝子がコードするReg IV,OLFM4 遺伝子がコードするオルファクトメジン4(olfactomedin 4)はいずれも分泌タンパク質であり,胃がん診断における高感度血清マーカーである.CAST法から同定されたDSC2 遺伝子は細胞間接着分子デスモコリン2(desmocollin 2)をコードしており,腸型粘液形質を有する胃がんの細胞表面に発現していることから,診断マーカー・治療標的として有用である. …
  • NAID 10029417414
  • 症例 角層下膿疱症(SPD)型のIgA天疱瘡--症例報告ならびに治療法についての文献的検討
  • 西脇 薫,新見 やよい,橋本 隆 [他]
  • 皮膚科の臨床 51(7), 895-898, 2009-07
  • NAID 40016746193

関連リンク

また貫通蛋白としてはデスモグレイン. (desmoglein)やデスモコリン(desmocolin)と 呼ばれる膜通過. 分子が重要な役割を果たしている.これらの膜貫通型糖蛋白は,. 細胞外で同一分子同士がカルシウムイオンの存在下に接着して. 6. 1 章 皮膚の構造と 機能 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元デスモソーム
関連記事リン」「コリン

デスモソーム」

  [★]

desmosome
接着斑 macula adherens
付着板(=接着斑板)。密着帯接着帯
天疱瘡
  • スポット上の接着装置で、側面細胞膜のあちこちに存在する HIS84
  • 接着分子:Ca2+依存

臨床関連

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡