デオキシヌクレオチド転移酵素

出典: meddic

deoxynucleotidyl transferase、deoxynucleotidyltransferase
末端ヌクレオチド付加酵素ヌクレオチドトランスフェラーゼヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド付加酵素DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ

関連リンク

技術移転可能な特許!ライセンス先を探索中!大学、公的研究機関の有望特許を公開中! 本発明のヌクレアーゼ耐性核酸の調製方法は、少なくとも3つの塩基からなる核酸と、末端デオキシヌクレオチド転移酵素と、2’,4’-架橋型 ...
ヌクレアーゼ耐性核酸の調製方法は、少なくとも3つの塩基からなる核酸と、末端デオキシヌクレオチド転移酵素と、2’,4’-架橋型ヌクレオシド三リン酸と...

関連画像

Patent WO2010021344A1 - 新規核酸 Patent WO2010021344A1 - 新規核酸 Patent WO2010021344A1 - Novel nucleic acid Patent WO2010021344A1 - 新規核酸 Patent WO2010021344A1 - Novel nucleic acid Patent WO2010021344A1 - 新規核酸


★リンクテーブル★
リンク元deoxynucleotidyl transferase」「末端ヌクレオチド付加酵素」「ヌクレオチドトランスフェラーゼ」「ヌクレオチド付加酵素」「デオキシヌクレオチド付加酵素
関連記事転移」「酵素」「転移酵素」「デオキシヌクレオチド」「ヌクレオ

deoxynucleotidyl transferase」

  [★]

deoxynucleotidyltransferase、DNA nucleotidylexotransferaseterminal deoxynucleotidyl transferase


末端ヌクレオチド付加酵素」

  [★]

terminal deoxynucleotidyl transferaseTdT
ターミナルヌクレオチドトランスフェラーゼヌクレオチドトランスフェラーゼ末端デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド転移酵素DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ


ヌクレオチドトランスフェラーゼ」

  [★]

deoxynucleotidyl transferase
末端ヌクレオチド付加酵素ヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチド転移酵素DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ


ヌクレオチド付加酵素」

  [★]

deoxynucleotidyl transferase
ヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチド転移酵素

デオキシヌクレオチド付加酵素」

  [★]

deoxynucleotidyl transferase
ヌクレオチドトランスフェラーゼヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド転移酵素


転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





転移酵素」

  [★]

transferase
トランスフェラーゼ
酵素


デオキシヌクレオチド」

  [★]

[[]]
deoxynucleotide
[[]]
deoxynucleotide


ヌクレオ」

  [★]

nucleo




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡