テルフェナジン

出典: meddic

terfenadine
トリルダン, Seldane
抗ヒスタミン薬



  • 第二世代ヒスタミン薬
  • 抗アレルギー薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • ピペリジン系


副作用

  • QT延長、心房性不整脈(torsades de pointes)を起こし、心停止を起こしうる
  • テルフェナジンはプロドラッグであり、99.5%がすぐ代謝されフェキソフェナジンとなる
  • 代謝が滞るとテルフェナジンは電位依存性Kチャネルを抑制するので危険。
  • テルフェナジン代謝酵素はCYP3A4で代謝されるので、これを阻害する薬物(CYP3A4と親和性の高い薬物)との併用は危険
  • 服用に注意を要するのはQT延長をおこしやすい人


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/19 21:13:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 代表的なQT延長薬の非臨床試験における成績
  • 杉山 篤
  • 日本薬理学雑誌 133(1), 4-7, 2009-01-01
  • … ク犬モデルを開発し,薬物性QT延長症候群の高リスク患者に存在する解剖学的・生化学的・電気生理学的torsades de pointes(TdP)発生基盤を有することを証明した.TdP誘発の高リスク薬であるシサプリドやテルフェナジンなどをこのモデルに投与すると臨床用量付近からTdPが誘発されたが,QT延長作用を欠くファモチジンやレボフロキサシンなどでは臨床用量の10倍以上を投与してもTdPは観察されなかった.この事実から慢 …
  • NAID 10024021210
  • ヒスタミンと抗ヒスタミン薬の油水界面におけるイオン移動ボルタンメトリー
  • 塚本 龍治,楠 文代
  • 分析化学 52(10), 865-871, 2003-10-05
  • … 面のイオン移動ボルタンメトリーによって,ヒスタミン及び抗ヒスタミン薬であるdl-クロルフェニラミン,クレマスチン,ジフェンヒドラミン,シプロヘプタジン,メクリジン,プロメタジン,ケトチフェン及びテルフェナジンの油水界面におけるイオン移動と吸着を検討した.ボルタモグラム上に,抗ヒスタミン薬はヒスタミンに比べ負電位側で水相から油相への移動による陽極波が現れ,また,電気毛管曲線から界面に吸着しやす …
  • NAID 110002907429
  • 薬物の心筋再分極過程に対する作用 : 生体位心臓での評価法
  • 杉山 篤
  • 日本薬理学雑誌 121(6), 393-400, 2003-06-01
  • … は臨床1日量の投与によりMAP90,ERP,TRPの全てを延長した.次に,慢性房室ブロック犬にクラスIII抗不整脈薬:セマチリド,ニフェカラント,アミオダロン,および抗不整脈薬以外の薬物:シサプリド,テルフェナジン(抗ヒスタミン薬),スルピリド,スパルフロキサシンの臨床1日量の10倍までを経口投与した.アミオダロンは,臨床量の10倍(30 mg/kg)を投与してもTdPを誘発しなかった.一方,アミオダロン以外の薬 …
  • NAID 10011240894

関連リンク

テルフェナジン(後項)由来の心毒性は無くなったが、テルフェナジンと同様に薬物代謝 酵素が競合する薬剤(一部の抗生剤など)を服用した ... アレグラと同じ前々身の マリオン・メレル・ダウ社から、セルダン(一般名:テルフェナジン)という製剤が発売され ていた。
テルフェナジンは抗アレルギー薬ですが、アレルギー性皮膚炎や花粉症などの患者に 投与されている可能性があり、これらの歯科患者に下記の抗生物質の投与は避けた方 がよい ... トリルダン錠(テルフェナジン)投与中のQT延長、心室性不整脈の発現 について ...

関連画像

イクセロン:AChE阻害+ブリル Enantiomer (oben) und ( R 抗アレルギー薬と抗真菌薬の


★リンクテーブル★
リンク元抗ヒスタミン薬」「後天性QT延長症候群」「フェキソフェナジン」「アゾール系抗真菌薬

抗ヒスタミン薬」

  [★]

antihistamine antihistamines, histamine antagonist
ヒスタミン拮抗薬 histamine antagonistsヒスタミン遮断薬 histamine blocking agents
ヒスタミン受容体薬理学
ヒスタミンH1受容体拮抗薬 histamine H1 receptor antagonistH1拮抗薬 H1 blockerH2遮断薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2 receptor antagonistH2拮抗薬 H2 blockerH2遮断薬
  • 古典的抗ヒスタミン薬
  • エタノールアミン系
  • プロピルアミン系
  • ピペラジン系
  • ピペリジン系
  • 第二世代ヒスタミン薬
中枢作用↓、鎮静作用↓、抗コリン作用↓
  • ピペリジン系
  • テルフェナジン
  • アレルギー性抗ヒスタミン薬
ケミカルメディエーター放出を抑制
中枢作用:有。鎮静作用:有



後天性QT延長症候群」

  [★]

acquired long-QT syndrome
QT延長症候群多形性心室頻拍トルサード・ド・ポアンツ

病因

参考1

治療

  • 発作:Mgの静注が有効

参考文献

  • 1. 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf


フェキソフェナジン」

  [★]

fexofenadine
塩酸フェキソフェナジン fexofenadine hydrochloride
アレグラ
テルフェナジン
  • 第二世代ヒスタミン薬
  • ピペリジン系



アゾール系抗真菌薬」

  [★]

azole antifungal drug
抗真菌薬真菌

作用機序

代謝

併用禁忌




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡