テルビナフィン

出典: meddic

terbinafine
テルビナフィン塩酸塩 塩酸テルビナフィン terbinafine hydrochloride
ケルガーテビーナテビナシールテルビーテルビナールテルフィナビンテルミシールネドリールビラスラミシールラミテクトリプノール
寄生性皮ふ疾患用剤



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/30 17:40:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 Trichophyton mentagrophytesによるケルスス禿瘡および体部白癬の小児例
  • ドクターのための薬物相互作用とマネジメント(第4回)今回の併用禁忌・注意薬 三環系抗うつ薬+テルビナフィン(ラミシールなど)
  • マラセチア皮膚炎 (特集 症例から理解する薬の"さじ加減" : 皮膚病薬の実践的活用法と思考のプロセス(第2回)抗真菌薬)
  • Small animal dermatology : 小動物皮膚科専門誌 20, 17-19, 2013-03
  • NAID 40019644916

関連リンク

テルビナフィンとは。効果、副作用、使用上の注意。真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用がある薬です。 アムホテリシンB製剤、ボリコナゾール製剤、ミコナゾール製剤は、アスペルギルス、カンジダ ...
ラミシールとは?テルビナフィンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • アリルアミン系経口抗真菌剤

販売名

テルビナフィン錠125mg「CH」

組成

  • 1錠中 テルビナフィン塩酸塩140.625mg含有
    (テルビナフィンとして125mg)
  • 添加物としてセルロース,デンプングリコール酸ナトリウム,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム含有

禁忌

  • 重篤な肝障害のある患者[肝障害が増悪するおそれがある。](「副作用」の項参照)
  • 汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少等の血液障害のある患者[血液障害が増悪するおそれがある。](「副作用」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 皮膚糸状菌(トリコフィトン属,ミクロスポルム属,エピデルモフィトン属),カンジダ属,スポロトリックス属,ホンセカエア属による下記感染症
    但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。

深在性皮膚真菌症

  • 白癬性肉芽腫,スポロトリコーシス,クロモミコーシス

表在性皮膚真菌症

白癬:

  • 爪白癬,手・足白癬,生毛部白癬,頭部白癬,ケルスス禿瘡,白癬性毛瘡,生毛部急性深在性白癬,硬毛部急性深在性白癬
  • ◆手・足白癬は角質増殖型の患者及び趾間型で角化・浸軟の強い患者,生毛部白癬は感染の部位及び範囲より外用抗真菌剤を適用できない患者に限る。

カンジダ症:

  • 爪カンジダ症


  • 本剤の投与は、罹患部位、重症度及び感染の範囲より本剤の内服が適切と判断される患者にのみ使用し、外用抗真菌剤で治療可能な患者には使用しないこと。
  • 通常、成人にはテルビナフィンとして125mgを1日1回食後に経口投与する。
    なお、年齢,症状により適宜増減する。
  • 本剤の投与中は随伴症状に注意し、定期的に肝機能検査及び血液検査(血球数算定,白血球分画等)を行うなど観察を十分に行うこと。(「副作用」の項参照)

慎重投与

  • 肝障害のある患者[慢性もしくは活動性等の肝疾患を有する患者は肝障害が増悪するおそれがあるので、本剤の投与中は頻回に肝機能検査を行うなど、観察を十分に行うこと。(「副作用」の項参照)]
  • 腎障害のある患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

  • (頻度不明)

重篤な肝障害(肝不全,肝炎,胆汁うっ滞,黄疸等):

  • 発疹,皮膚そう痒感,発熱,悪心・嘔吐,食欲不振,けん怠感等の随伴症状に注意するとともに、投与開始後2ヵ月間は月1回の肝機能検査を行うこと。また、その後も定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少:

  • 咽頭炎,発熱,リンパ節腫脹,紫斑,皮下出血等の随伴症状に注意し、定期的に血液検査(血球数算定,白血球分画等)を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群),急性全身性発疹性膿疱症:

  • 観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

横紋筋融解症:

  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛,脱力感,CK(CPK)上昇,血中及び尿中ミオグロビン上昇が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

ショック,アナフィラキシー様症状:

  • ショック,アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難,全身潮紅,血管浮腫,蕁麻疹等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • テルビナフィン塩酸塩(別名:塩酸テルビナフィン)
    (Terbinafine Hydrochloride)

化学名

  • (2E )-N ,6,6-Trimethyl-N -(naphthalen-1-ylmethyl)hept-2-en-4-yn-1-amine monohydrochloride

分子式

  • 2125N・HCl

分子量

  • 327.89

融点

  • 約205℃(分解)

性状

  • テルビナフィン塩酸塩は白色〜微黄白色の結晶性の粉末である。メタノール,エタノール(99.5)又は酢酸(100)に溶けやすく、水に溶けにくい。
    1.0gを水1000mLに溶かした液のpHは3.5〜4.5である。


★リンクテーブル★
先読みterbinafine hydrochloride
リンク元乳糖水和物」「その他の化学療法剤」「terbinafine

terbinafine hydrochloride」

  [★]

terbinafine

乳糖水和物」

  [★]

賦形剤
ATPdl-メチルエフェドリン塩酸塩PL配合アーチストアイデイトアイデイトロールアクタミンアクトスアクトネルアコニンサンアザニンアスコルビン酸アスゾールアストモリジン配合アスペノンアスベリンアセトアミノフェンアテノートアドリアシンアトルバスタチンアナストロゾールアニスタジンアプリトーンアベマイドアポプロンアミサリンアミプリンアモペニキシンアリーゼS配合アリセプトアリチア配合アルフロシンアレギサールアレファリンアレルギンアロシトールアロプリノールアンブロンイソパール・P配合イダマイシンイトプリド塩酸塩イプリフラボンイミダプリル塩酸塩イミドールイリコロンM配合インヒベースウテメックウブテックウルサミックウルソウルソトランウルペティックエイムゲン エースコールエカテリシンエクセラーゼ配合エストリオールエチゾラムエチゾランエトドラクエナラートエナラプリルマレイン酸塩エバスチンエピカルスS配合エピカルス配合エビプロスタット配合エフェドリン塩酸塩エフォリンエホチールエリーテンエルサメット配合エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセバックエンテラーゼ配合オーネスN配合オーネスSP配合オーネスST配合オーネスSZ配合オステンおたふくかぜ生ワクチンオフタルムK配合カオルトーンガスイサンガスポートカズマリンガスメットガスリックガスロンNカプセーフガモファーカルスロットカルタレチンカルデナリンカルバドゲンカルベジロールキョーリンAP2配合クールスパンクエチアピンクバクロングペリースクラリスロマイシングリクラジドグリノラートグリメピリドクロポリジンクロミッドクロルフェニラミンマレイン酸塩クロルプロマジン塩酸塩グロントケイラーゼS ケトブンゲファルナートケルナックゴクミシンコデインリン酸塩コナンコニールコニプロスコバステンコバテンシンコバマミドコレキサミンコレリットコロキノンコンスーンコントールコントミンサアミオンサニアーゼ配合サラザック配合サルポグレラート塩酸塩ジアイナミックスシェトラゾーナジゴキシンジゴハンジソピラミドジヒドロコデインリン酸塩ジピリダモールジフェニドール塩酸塩シロスタゾールシンベノンシンレスタールストマルコンスパクロミンスパトニンスピロノラクトンズファジランスルピリドセエルカムセチリジン塩酸塩セドリーナセナプリドセナプロストセファランチンセフジニルセフジニルセブンイー・P配合セラピエースセラピナ配合セルニルトンセレガスロンセレナミンセンセファリンセンブリ・重曹ソクワールソビラールソルイルビンゾルピデム酒石酸塩ソルファダウンテンシンタフマックE配合タムスロシン塩酸塩ODダラシンタンチパン配合チウラジールチョコラAテオロングテナキシルデパステモカプリル塩酸塩デュファストンデラキシー配合テルビナフィントーワチーム配合ドキサゾシンドキソルビシン塩酸塩ドネペジル塩酸塩トフラニールドライアーゼ配合トラベルミン配合ドラマミントランコロンP配合ドランジントリアゾラムトリクロルメチアジドトリドセラン配合トリヘキシフェニジル塩酸塩トリヘキシントリラホンドルナリントルブタミドトレキサメットトロキシンドンペリドンナーセット配合ナテグリニドナトリックスナフトジールニセルゴリンニチファーゲン配合ニトレジックニトロールRネオ・エフラーゼ配合ネオアムノール配合ノイダブルノイファンノイロビタン配合ノズレンノバミンノンネルブハーフジゴキシンKYバイカロンバイニロードハイフル配合バイロテンシンはしか生ワクチンはしか風しん混合生ワクチンパスターゼSA配合バップベリンパトコンパパベリアンパルギンバルレールハロステンハロペリドールバンコミックパントテン酸カルシウムパンピオチンパンビタン末 パンホリータピーエイ配合ピーゼットシーピオグリタゾンビオスミン配合ビオスリー配合ビオチンビオフェルミンビオフェルミンRビオフェルミン配合ビカルタミドヒシロミンヒスタールビソテートビタミンB6ビタメジン配合ヒダントールヒダントールD配合ビフロキシン配合ビホープAピラミスチンピロラクトンファスティックファモガストファモチジンファルプリルファンテゾールフィオランスフェニトインフェニルアラニン除去ミルク配合フェノバルビタールフェルターゼ配合フォリアミンフスコデ配合フッコラートプラコデ配合プラノバール配合プラバスタチンNa塩プラバスタチンナトリウムプラバメイトプラメバンプランルカストフルイトランプレドニゾロンプレドニンプレドハンプレロンプロスタリンフロセミドブロチゾラムプロノンプロパフェノン塩酸塩プロピベリン塩酸塩ブロプレスプロヘパール配合プロモーションプロルナーベイスンヘキサトロンベグリラートベゲタミン-A配合ベザフィブラートSRベザリップベスタミオンベスタリットLベストルナーベニジピン塩酸塩ペニフォーベネットベハイドRA配合ヘパンED配合ペミラストンヘモリンガルベラストリンベラパミル塩酸塩ペラプリンベラプロストNaベラプロストナトリウムベリチーム配合ベルナールベルラーベロムボインリールボグシールボグリボースポリトーゼボルトミー配合マカシーAマゴチロンマサトンマズレニンガーグルマニカロットマニジピン塩酸塩マリレオンNマレイン酸クロルフェニラミンミクトノームミデナールLミラドールメコバラミンメサフィリン配合メシル酸ドキサゾシンメタヒスロンメチルエルゴメトリンマイレン酸塩メチルエルゴメトリンマレイン酸塩メチルドパメチルホエドリンメトプリックメトリオンメバトルテメバリッチメバロチンメリシンメリストラークメロキシカムメントリースモサプリドクエン酸塩モミアロンユーリックユリロシンライドラースラクスパンラクデーンラクボンラックメロンラリルドンランソプラゾールリウマトレックスリスペリドンリセドロン酸Naリセドロン酸ナトリウムリトドリンリトドリン塩酸塩リトメリンリネステロンリンドルフリントンリン酸コデインリン酸ジヒドロコデインリン酸ピリドキサールルフレン配合レスタスレスポリートレチコランレニベースレバミピドレビンベースレプターレベニンレボフロキサシンレモナミンロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロキシーンロサルタンKロサルタンカリウムロラタジンワーファリンワーリンワルファリンKワルファリンカリウム塩酸クロルプロマジン塩酸トリヘキシフェニジル塩酸パパベリン塩酸プロピベリン塩酸ベニジピン塩酸ミノサイクリン乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン乾燥弱毒生風しんワクチン乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン強力ビスラーゼ組織培養不活化狂犬病ワクチン 乳糖乳糖水和物硫酸キニジン

その他の化学療法剤」

  [★]

商品


terbinafine」

  [★] テルビナフィン

WordNet   license wordnet

「an oral antifungal drug (trade name Lamisil) used to treat cases of fungal nail disease」
Lamisil




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡