テネイシン

出典: meddic

[[]]
[[]]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/11 04:12:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 心血管疾患におけるテネイシンCの機能 : 診断と治療への応用 (AYUMI 細胞外マトリックス中の異端児matricellular protein : 疾患病態の制御因子であり治療の標的分子)
  • 組織修復におけるmatricellular proteinの役割 (AYUMI 細胞外マトリックス中の異端児matricellular protein : 疾患病態の制御因子であり治療の標的分子)
  • 山中 修,雑賀 司珠也
  • 医学のあゆみ 248(7), 515-522, 2014-02-15
  • NAID 40019977385
  • エーラス・ダンロス症候群とテネイシンX (AYUMI 細胞外マトリックス中の異端児matricellular protein : 疾患病態の制御因子であり治療の標的分子)

関連リンク

研究内容 テネイシンとは 細胞外マトリックスの一つであるテネイシンは、神経細胞の移動や増殖など、発育中の多くの器官の上皮-間充織間の間質に現れる物質として1980年代に発見された糖蛋白質です。その後、癌の周囲や胎児期に ...
我々はすべての格言を知っている:良いものを少しは長い道のりを行くことができます。現在はロンドンで研究者はまた、創傷治癒に関連する大規模なタンパク質のために真のかもしれないと報告しています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元筋腱結合部位抗原

筋腱結合部位抗原」

  [★]

myotendinous antigen
テネイシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡