テトラサイクリン耐性遺伝子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本で分離されたActinobacillus pleuropneumoniaeの薬剤感受性の最近の傾向とテトラサイクリン耐性遺伝子の保有(細菌学)
  • 守岡 綾子,浅井 鉄夫,新田 早人,山本 欣也,荻窪 恭明,高橋 敏雄,鈴木 祥子
  • The journal of veterinary medical science 70(11), 1261-1264, 2008-11-25
  • 2002?2005年に分離されたA.pleuropneumoniae株の薬剤感受性試験を行った.全ての株はCTF,EM,FF及びERFXに感受性であり,耐性株はOTC,DSM,TP,KM,TMP及びABPCで認められた.1986?2005年に分離されたOTC耐性株について,tet遺伝子の保有について検索を行った.日本においても,tetBが多く認められ,tetBの広がりがOTC耐性の増加に関係してい …
  • NAID 110006987065

関連リンク

微生物がテトラサイクリン耐性を獲得するメカニズムには、少なくとも細胞内からの 汲み出し (efflux) と、リボゾームの保護 (ribosomal protection) の2つが存在する。前者 では耐性遺伝子が、細胞内からテトラサイクリンを能動輸送によって ...
2005年4月24日 ... pBR322というプラスミドにコードされているアンピシリン耐性遺伝子とテトラサイクリン 耐性遺伝子についてなのですが、これらの遺伝子はどのような作用を持つのでしょう...

関連画像

スプレッダー伊勢崎保健福祉事務所 原  テトラサイクリン耐性遺伝子をと、テトラサイクリン耐性


★リンクテーブル★
関連記事リン」「テトラサイクリン」「耐性」「遺伝」「遺伝子

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





テトラサイクリン」

  [★]

tetracycline TC
tetracyclinum
塩酸テトラサイクリン
アクロマイシンアクロマイシンVオキシテトラコーンテトラサイクリン・プレステロンテラ・コートリルテラマイシンレダマイシン
テトラサイクリン系抗菌薬抗菌薬



耐性」

  [★]

tolerance
薬物耐性逆耐性依存


  • 精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態(PSY.395)


遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡