テタニー症状

出典: meddic


和文文献

  • 維持透析中の進行性腎癌骨転移別に対しゾレドロン酸を投与した2症例の検討
  • 有馬 聡,白木 良一,森 紳太郎,丸山 高広,佐々木 ひと美,日下 守,宮川 真三郎,早川 邦弘,星長 清隆
  • 日本泌尿器科學會雜誌 99(5), 660-665, 2008-07-20
  • 新規ビスフォスフォネート製剤であるゾレドロン酸は腎癌を含む悪性腫瘍の骨転移症例において筋骨格系合併症を減らし,骨病変の進展を有意に遅延させると報告されている.しかし,腎での薬剤の吸収および排泄性のため,腎機能障害例ではゾレドロン酸の至適投与量設定が困難である.今回,腎不全例に対する投与に際し,血液透析と血清クレアチニンおよびカルシウム値モニタリングの重要性,また有効性につき検討した.(症例)私共は …
  • NAID 110006839620
  • 維持透析中の進行性腎癌骨転移例に対しゾレドロン酸を投与した : 2症例の検討
  • 有馬 聡,白木 良一,森 紳太郎,丸山 高広,佐々木 ひと美,日下 守,宮川 真三郎,早川 邦弘,星長 清隆
  • 日本泌尿器科学会雑誌 99(5), 660-665, 2008
  • 新規ビスフォスフォネート製剤であるゾレドロン酸は腎癌を含む悪性腫瘍の骨転移症例において筋骨格系合併症を減らし, 骨病変の進展を有意に遅延させると報告されている. しかし, 腎での薬剤の吸収および排泄性のため, 腎機能障害例ではゾレドロン酸の至適投与量設定が困難である. 今回, 腎不全例に対する投与に際し, 血液透析と血清クレアチニンおよびカルシウム値モニタリングの重要性, また有効性につき検討した …
  • NAID 130000851786
  • 突発したテタニー症状と前頸部出血で発症した副甲状腺腺腫の1例
  • 池淵 正彦,石黒 清介,伊藤 則正,岡田 耕一郎,鈴木 喜雅,応儀 成二
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 64(6), 1327-1330, 2003-06-25
  • NAID 10011468723

関連リンク

胸苦しさや死の恐怖などを伴い、ひどい場合はテタニー症状と言って、指が痙攣したよう になります。 また非常にまれですが、意識がモウロウとする場合もあり、この折りには 激しい過呼吸の相と無呼吸の相が交互にくり返す状態になったりします。放置すると発作 ...

関連画像

投稿画像Chvostek signcalcinosis cutis


★リンクテーブル★
国試過去問089B087
関連記事テタニー」「症状

089B087」

  [★]

  • 乳児の無機質の欠乏症状で誤っている組み合わせはどれか?

テタニー」

  [★]

tetany (M)
強縮性収縮 tetanic contraction
[[]]

概念

  • 上皮小体を除くとカルシウム濃度の低下により、激しい痙攣に襲われる
  • 全身の筋痙攣は血液中のカルシウム濃度低下により起こる

原因


症状」

  [★]

symptom, presentationmanifestationpathology
出現症候所見徴候提示発現病態病態学病徴病理病理学現れること発表顕在化プレゼンテーション顕性化





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミトコンドリア脳筋症 199
2グラム陽性桿菌 83
3ホーマンズ徴候 72
4日常生活自立度 67
5ジギタリス中毒 59
628歳の男性。昏睡状態で救急車にて来院した。糖尿病のためインスリンの自己注射を行っていたが、感冒をきっかけに食欲が低下し、2日前よりインスリン注射を中止していた。 51
7多毛 50
8高アンモニア血症 38
9連合弛緩 37
10content 35
11デキサート 33
12抗jo-1抗体とは 30
13先天性骨形成不全症 28
14ミトコンドリア心筋症 21
15毛細血管再充満時間 20
16ニコルスキー現象 19
17呼吸補助筋 18
187ヶ月 胎児 心拍数 17
19肝門部胆管癌 17
20how to use phenolic tannin extracted from arecanut as adhesive in plywood industry 17

昨日の人気記事
 タイトル表示
1T2*WI 17
2糖尿病性腎症 神経症 17
3マンニットールs 16
41,600,960,32 HTTP/1.1 15
5ホーマンズ徴候 12
6連合弛緩 12
7ジギタリス中毒 11
8グラム陽性桿菌 10
9日常生活自立度 9
10ヘパリン 7
11シュニッツラー転移 7
12content 7
13腰仙角とは 7
14ダルテパリン 6
15胞状卵胞とは 6
16乳酸アシドーシス 6
17過飽和状態とは 6
18頸肋 6
19胸腹部大動脈瘤 6
203-ケトアシルCoAチオラーゼ 6