テセロイキン

出典: meddic

teceleukin
イムネース
インターロイキン2
  • 抗悪性腫瘍薬;遺伝子組換えIL-2製剤


関連リンク

劇薬,処方せん医薬品注1) **,* 日本薬局方注射用テセロイキン(遺伝子組換え) 遺伝子組換え型インターロイキン-2製剤 **2009年6月改訂(第9版,指定医薬品の規制区分の廃止に伴う改訂) *2007年12月改訂 貯 法 ...
がんの化学療法(抗がん剤治療)に関するサイトです。化学療法の仕組みや、主な抗がん剤の名称、効果、副作用など ... 「セルモロイキン、テセロイキン」(商品名:イムネース) の効果と副作用 特徴と効果 遺伝子組み換えでつく ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 遺伝子組換え型インターロイキン−2製剤

販売名

イムネース注35

組成

成分・含量(1瓶中):

  • テセロイキン(遺伝子組換え)35万単位

添加物:

  • L-アルギニン15.0mg
    L-メチオニン0.15mg
    精製白糖90.0mg
    ポリソルベート80 0.5mg
    リン酸二水素ナトリウム,リン酸水素ナトリウム水和物,クエン酸水和物

禁忌

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

ワクチン等の生物学的製剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

血管肉腫

腎癌


血管肉腫

  • 生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人には1日70万単位を,1日1〜2回に分けて連日点滴静注する。
    なお,年齢,症状により適宜増減するが最大投与量は1日140万単位とする。

腎癌

  • 生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等に溶解し,通常,成人には1日70万単位を,1日1〜2回に分けて連日点滴静注する。
    なお,年齢,症状により適宜増減するが最大投与量は1日210万単位とする。
    増量することにより,肝機能検査値異常,体液貯留が発現しやすくなるため,注意すること。

参考:注射液の調製法

1瓶(テセロイキン35万単位)あたり,添付の日局注射用水1mLを加え,溶解する。

1回投与量を生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液等の200〜500mLに加えて点滴静注する。


慎重投与

アレルギー素因のある患者

心疾患又はその既往歴のある患者[心疾患が悪化することがある。]

重篤な肝障害又は腎障害のある患者[症状が悪化することがある。]

高齢者[「高齢者への投与」の項参照]

重大な副作用

体液貯留:毛細血管漏出症候群(capillary leak syndrome)によると思われる体液貯留(2.3%),体重増加(2.9%),浮腫(3.5%),胸水・腹水・肺水腫等の水分貯留(3.3%),尿量減少(0.7%)あるいは循環血漿量の減少による血圧低下(2.8%)等があらわれることがあるので,患者の状態を十分に観察し,このような場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。なお,体液貯留は投与開始1〜2週目に発現することが多いので注意すること。

うっ血性心不全(0.1〜1%未満):うっ血性心不全があらわれることがある。このような場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

抑うつ,自殺企図(頻度不明):インターロイキン-2製剤の投与により,抑うつ,自殺企図があらわれたとの報告がある 3)

誘発感染症,感染症の増悪(頻度不明):インターロイキン-2製剤の大量投与により,好中球機能が抑制され,誘発感染症,感染症の増悪を起こしやすくなるとの報告がある 4)

自己免疫現象(頻度不明):インターロイキン-2製剤の投与により,自己免疫現象によると思われる症状・徴候(強皮症,溶血性貧血,糖尿病)があらわれたとの報告がある 5)〜7)

薬効薬理

薬理作用

抗腫瘍作用(in vitro

  • 健康成人6例(男性5例,女性1例)から得られた末梢血リンパ球に70単位/mLを加えて72時間培養したとき,ヒト腎癌培養細胞3株に対する強い細胞障害活性が誘導された。しかし,正常細胞(ConA刺激ヒト正常リンパ球)に対する作用は示さなかった。

抗腫瘍作用(in vivo

  • Renca(自然発生マウス腎癌)に対し,生存期間の延長と転移抑制効果を示した 14)
    また,化学発癌のマウス腎癌に対して著しい転移抑制効果を示した 15)

作用機序

  • 主としてT細胞やNK細胞に結合し,活性化することにより,細胞障害能の高いキラー細胞を誘導して腫瘍を障害する。更にB細胞やマクロファージにも結合し,免疫を賦活する。

有効成分に関する理化学的知見

一般的名称:

  • テセロイキン(遺伝子組換え)(JAN)[日局]
    Teceleukin(Genetical Recombination)

略号:

  • rIL-2

分子式:

  • C698H1127N179O204S8

分子量:

  • 15547.01

化学構造式:

  • アミノ酸134個からなるポリぺプチドである。
     

性状:

  • 無色澄明の液である。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡