テクネアルブミンキット

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

テクネアルブミンキット

組成

  • 1バイアル中人血清アルブミン50mg

添加物

  • 塩化スズ(II)二水和物 0.45mg、塩酸 適量、水酸化ナトリウム 適量
  • 本剤の成分である「テクネチウム人血清アルブミン(生物由来製品指定成分名)」には人血清アルブミン(採取国:日本、献血)が使用されている。

効能または効果

  • RIアンギオカルヂオグラム及び心プールシンチグラムによる心疾患の診断

テクネチウム人血清アルブミン(99mTc)注射液の調製

  • 冷蔵庫から本品を取り出し、約5分間放置して室温に戻す。
  • 放薬基「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」1〜9mLを本品バイアルに加える。
  • よく振盪して内容物を溶解した後、室温で5分間放置することにより、テクネチウム人血清アルブミン(99mTc)注射液が調製される。

RIアンギオカルヂオグラフィー及び心プールシンチグラフィー

  • 上記によって得られたテクネチウム人血清アルブミン(99mTc)注射液370〜740MBqを肘静脈より急速注入し、ディテクターを患者の胸部に指向させたシンチカメラを用いて、注入直後から撮影を始めることにより、RIアンギオカルヂオグラムを得、またRIアンギオカルヂオグラフィー終了後に撮影することにより心プールシンチグラムを得る。
    また、同じく上記によって得られたテクネチウム人血清アルブミン(99mTc)注射液185〜370MBqを静注し、ディテクターを患者の胸部に指向させたシンチカメラ及びシンチスキャナーを用いて、注入数分後に撮影することにより心プールシンチグラムを得る。

慎重投与

  • 薬物過敏症又はアレルギー性体質の患者。

有効成分に関する理化学的知見

人血清アルブミン

分子量

  • 約7万

99mTcの核物理学的特性

物理的半減期

  • 6.015時間

主なγ線エネルギー

  • 141keV(89.1%)

減衰表


★リンクテーブル★
関連記事アルブミン

アルブミン」

  [★]

albumin (Z), Alb ALB
グロブリンフィブリノーゲン血清タンパク分画アルブミン/グロブリン比, A/G
(臨床検査)血清アルブミン、(輸血製剤)アルブミン製剤

概念

  • 最も多い血漿タンパク質
  • 69kDa
  • pI=4.9なので、生体内では負に帯電。
  • 半減期:15-20日

基準値

  • 4.9-5.1g/dl(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.12)
  • HIM.Appendix
  • Female : 4.1–5.3 g/dL
  • Male  : 4.0–5.0 g/L

QB

TP 6.5~8.0
Alb 4.5~5.5

産生

  • 組織:肝臓(hepatocyte)(15g/day)
  • 調節:炎症性サイトカインの存在下で産生が抑制される

機能

PT.234

薬理学

  • albumin is a major carrier ofr acidic drugs (GOO.7)
basic drug→α1-acid glycoprotein

臨床関連






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡