チロシン脱リン酸化酵素

出典: meddic

protein tyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼチロシン脱リン酸酵素タンパク質チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシンホスファターゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

プロテインホスファターゼ(Protein phosphatase:略号PP)あるいはタンパク質 ホスファターゼ(たんぱくしつホスファターゼ)は、リン酸化されたタンパク質のリン酸基を 加水分解により脱離(脱リン酸化)させる酵素。タンパク質のリン酸化はタンパク質の 翻訳後修飾 ...
2011年8月9日 ... SHP2はその脱制御ががんならびに先天奇形に深く関与するチロシンホスファターゼで ある.SHP2は細胞質および核に存在し,細胞質においては細胞増殖を促進するRAS- ERK経路を活性化する一方,核におけるその役割は不明である.

関連画像

血管平滑筋細胞形質転換 は チロシン 脱 リン 酸化酵素 記憶・学習のメカニズムを分子


★リンクテーブル★
リンク元チロシンホスファターゼ」「チロシン脱リン酸酵素」「タンパク質チロシンホスファターゼ
拡張検索リン酸化チロシン脱リン酸化酵素」「タンパク質チロシン脱リン酸化酵素」「ホスホチロシン脱リン酸化酵素」「非受容体型チロシン脱リン酸化酵素
関連記事酵素」「リン」「チロシン」「」「酸化

チロシンホスファターゼ」

  [★]

tyrosine phosphataseprotein tyrosine phosphatasePTPasePTP
後テタヌス性増強反復刺激後増強チロシン脱リン酸酵素チロシン脱リン酸化酵素リン酸化チロシン脱リン酸化酵素膜透過性遷移孔タンパク質チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシンホスファターゼ


チロシン脱リン酸酵素」

  [★]

protein tyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼチロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシンホスファターゼ


タンパク質チロシンホスファターゼ」

  [★]

protein tyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼチロシン脱リン酸酵素チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシン脱リン酸化酵素


リン酸化チロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

phosphotyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼホスホチロシン脱リン酸化酵素ホスホチロシンホスファターゼタンパク質チロシン脱リン酸化酵素リン酸化チロシンホスファターゼ


タンパク質チロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

protein tyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼチロシン脱リン酸酵素チロシン脱リン酸化酵素リン酸化チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシンホスファターゼ


ホスホチロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

phosphotyrosine phosphatase
リン酸化チロシン脱リン酸化酵素ホスホチロシンホスファターゼリン酸化チロシンホスファターゼ


非受容体型チロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

non-receptor protein tyrosine phosphatase
非受容体型チロシンホスファターゼ非受容体型タンパク質チロシンホスファターゼ


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





チロシン」

  [★]

tyrosine Tyr Y, L-tyrosine
p-ヒドロキシフェニルアラニン p-hydroxyphenylalanine、2-アミノ-3-ヒドロキシフェニルプロピオン酸 2-amino-hydroxyphenylpropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷
  • 側鎖:
-CH2-C6H4-OH
  • アラニンの側鎖にフェノールが付いた形。

代謝




脱」

  [★]

(comb form.)des, prolapse
ヘルニア


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡