チロシンアミノトランスフェラーゼ

出典: meddic

tyrosine aminotransferase
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アフラトキシンB_1誘導ラット肝癌由来K2細胞は癌幹細胞の性質を有している
  • 川崎 靖,安達 尚美,山崎 富生,轟 理沙,後藤 良隆,古宮 裕子,倉部 誠也,根本 清光,出川 雅邦,三浦 成敏,田代 文夫
  • マイコトキシン 57(2), 87-93, 2007-07-31
  • 今回、我々はアフラトキシンB1誘発ラット肝癌K2細胞に幹様細胞(癌幹細胞)が存在することを明らかにするために、side population(SP)細胞およびstemness遺伝子発現の解析を試みた。ローダミンを用いたフローサイトメーター解析により、K2細胞は癌幹細胞であるSP細胞を約89%と高い割合で含んでいることが明らかとなった。さらに、胚性幹細胞の特徴である多分化能と自己複製能の維持に関与す …
  • NAID 10021920179
  • エタノールによるラット肝臓チロシンアミノトランスフェラーゼ誘導機序の解析
  • 松田 健,松田 広一,金子 正恵,坂田 成子,玉木 七八
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19, 128, 1996-08
  • NAID 10002854414
  • ラットの肝および脳におけるチロシンアミノトランスフェラーゼに対するストレスの影響

関連リンク

チロシンアミノトランスフェラーゼ Leu + a- ケトグルタル酸 a-ケトイソカプロン酸 + Glu 分枝鎖アミノ酸アミノトランスフェラーゼ Glu + グリオキシル酸 a-ケトグルタル酸 + Gly グルタミン酸アミノトランスフェラーゼ Ala ...
ラットの肝および脳におけるチロシンアミノトランスフェラーゼに対するストレスの影響 Effects of Stress on Tyrosine Aminotransferase in Rat Liver and Brain 清瀬 豪久 Kiyose Hidehisa 三重大学医学部精神神経科学教室 Department of ...

関連画像

青 はケト原性アミノ酸, 赤 は Figure JPOXMLDOC01-appb-T000004ポリペプチド及び生合成経路チロシンの合成 [ 編集 ]


★リンクテーブル★
リンク元チロシンアミノ基転移酵素」「tyrosine aminotransferase
関連記事チロシン」「トランス

チロシンアミノ基転移酵素」

  [★]

tyrosine aminotransferase
チロシントランスアミナーゼチロシンアミノトランスフェラーゼ

tyrosine aminotransferase」

  [★]

チロシンアミノ基転移酵素チロシンアミノトランスフェラーゼ

tyrosine transaminase


チロシン」

  [★]

tyrosine Tyr Y, L-tyrosine
p-ヒドロキシフェニルアラニン p-hydroxyphenylalanine、2-アミノ-3-ヒドロキシフェニルプロピオン酸 2-amino-hydroxyphenylpropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷
  • 側鎖:
-CH2-C6H4-OH
  • アラニンの側鎖にフェノールが付いた形。

代謝



トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡