チラコイド

出典: meddic

[[]]
thylakoid
[[]]


thylakoid

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/24 06:44:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • チラコイド構造の多様性と生理学的意義
  • 針葉樹における酸素依存光合成電子伝達反応の解析
  • 日本森林学会大会発表データベース 127(0), 329, 2016
  • NAID 130005167080
  • 植物のチラコイド膜脂質の合成と葉緑体発達における役割 (解説特集 光合成と脂質)

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - チラコイドの用語解説 - 葉緑体内に配列した膜状構造。扁平な袋状のものとして,一定方向に重なり合っている。直径の小さいチラコイドがコインを重ねたように積重なった部分がしばしば ...
カルビンサイクル カルビンサイクルの役割は、二酸化炭素を固定し、トリオースリン酸を生産することです。これにはエネルギーが必要で、チラコイド反応で生産されたNADPHとATPが利用されます。 カルビンサイクルは11の酵素から ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索チラコイド膜
関連記事コイ」「イド

チラコイド膜」

  [★]

thylakoid membrane
グラナチラコイド

コイ」

  [★]

carp
Cyprinus carpio
コイ科ローチコイ属Barbus属コイ目ヒメハヤドジョウ


イド」

  [★]

id
エス





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡