チノ

出典: meddic

ケノデオキシコール酸

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/22 13:03:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • GCSAA GOLFCOURSE MANAGEMENT ネオニコチノイド系殺虫剤と授粉媒介者 : そのざわつく羽音は何? (日本語版ダイジェスト アメリカの最新コース管理情報を読む)
  • リッチモンド ダグ,パットン アロン
  • 月刊ゴルフマネジメント 35(389), 104-112, 2014-12
  • NAID 40020269482
  • 女性 「女子」はツチノコ でも魂は永遠! : ジェーン・スー×はあちゅう (大特集 AERA×ほぼ日刊イトイ新聞 : いっしょにやってみる企画 40歳は、惑う。 : 人生「折り返し」を考える)
  • スー ジェーン,はあちゅう
  • Aera = アエラ 27(48), 26-28, 2014-11-03
  • NAID 40020236955
  • 混練法により作製したパルミチン酸レチノール包括粉末の特質
  • 小枝 貴弘,和田 百希,Neoh Tze Loon [他]
  • 日本食品科学工学会誌 = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 61(11), 536-542, 2014-11
  • NAID 40020263148

関連リンク

株式会社チノー(CHINO)は、温度計測、センサおよび試験装置の製品とサービスを提供しています。 ... 2015年8月10日 平成28年3月期 第1四半期報告書を掲載致しました。 2015年8月7日 平成28年3月期 第1四半期決算短信を掲載 ...
株式会社チノー(CHINO)は、温度計測、センサおよび試験装置の製品とサービスを提供しています。このページでは株式会社チノーの製品情報を紹介しています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬効分類名

  • 経口胆石溶解剤

販売名

チノカプセル125

組成

品名

  • チノカプセル125

成分・含量

  • 1カプセル中
    ケノデオキシコール酸125mg含有

添加物

  • 結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、メチルセルロース
    カプセル本体には、ラウリル硫酸ナトリウム、亜硫酸水素ナトリウム、黄色4号(タートラジン)、赤色3号、青色1号、酸化チタン、ゼラチンを含有

禁忌

重篤な胆道・膵障害のある患者[利胆作用があるため、原疾患を悪化させるおそれがある。]

重篤な肝障害のある患者[肝での代謝物により、肝障害を悪化させるおそれがある。]

肝・胆道系に閉塞性病変のある患者[利胆作用があるため、胆汁うっ滞を惹起するおそれがある。]

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解
  • 通常、成人にはケノデオキシコール酸として、300?400mgを1日2?3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は600mgとする。

慎重投与

  • 消化管に潰瘍性病変のある患者[粘膜刺激作用があるため、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 胆管に胆石のある患者[利胆作用があるため、胆汁うっ滞を惹起するおそれがある。]
  • 肝障害の既往歴のある患者[肝での代謝物により、肝障害を惹起するおそれがある。]


薬効薬理

[薬効薬理]3,4)

  • In vitroにおいてCDCAは、ヒトコレステロール胆石溶解作用が認められ、その効果は他の胆汁酸(コール酸、ウルソデオキシコール酸)に比し溶解作用が強い。また、タウリン及びグリシン抱合体にも胆石溶解作用が認められる。
  • In vivoにおける胆石溶解作用については、ハムスターでの実験的コレステロール胆石に対し、胆石溶解効果が認められ、その用量は5?10mg/kgが良好であった。
    また、ウサギの胆のう内に植込んだヒトコレステロール胆石に対し、CDCA投与(1mg/kg、10mg/kg)で軽度の溶解作用を認める。
  • 胆汁組成に対しCDCA投与は、総胆汁酸の増加、リン脂質の軽度の増加を示し、コレステロール溶存能を高める。
    胆汁中胆汁酸の組成はコール酸、デオキシコール酸が減少し、CDCAがこれにおきかわる。


有効成分に関する理化学的知見

構造式:

一般名:

  • ケノデオキシコール酸(Chenodeoxycholic Acid)

化学名:

  • 3α,7α-Dihydroxy-5β-cholan-24-oic acid

分子式:

  • 2440

分子量:

  • 392.57

融 点:

  • 164?169℃

性 状:

  • 白色の結晶、結晶性の粉末又は粉末である。メタノール又はエタノール(99.5)に溶けやすく、アセトンにやや溶けやすく、水にほとんど溶けない。



★リンクテーブル★
リンク元利胆剤」「ケノデオキシコール酸
拡張検索細胞質レチノイン酸結合タンパク質」「trans-レチノイン酸」「レチノイン酸結合タンパク質」「胃カルチノイド

利胆剤」

  [★]

cholagogue
胆汁分泌促進物質利胆薬

商品


ケノデオキシコール酸」

  [★]

chenodeoxycholic acid CDCAchenodeoxycholate
ケノコールコラーザレガレンチノ
胆汁酸胆石溶解剤



細胞質レチノイン酸結合タンパク質」

  [★]

cytoplasmic retinoic acid-binding proteinCRABP
細胞内レチノイン酸結合タンパク質


trans-レチノイン酸」

  [★]

trans-retinoic acid
トランス型レチノイン酸トランスレチノイン酸


レチノイン酸結合タンパク質」

  [★]

retinoic acid-binding protein
レチノイン酸受容体


胃カルチノイド」

  [★]

gastric carcinoid





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡