チオウラシル誘導体

出典: meddic

thiouracil derivative

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • <no title>

関連リンク

【発明の詳細な説明】 【技術分野】 【0001】 本発明は、エポキシ基を有するチオウラシル誘導体に関する。このチオウラシル誘導体は貴金属接着性成分として、貴金属類にレジンを接着する電子材料、精密機械、医療および宝飾等多く ...
チオウラシル誘導体 【要約】 【課題】 金属特に貴金属に対して充分な初期接着力を有し、かつ接着耐久性、耐水性に優れ、保存安定性の良好な金属表面処理剤に好適に使用しうる新規接着性化合物を提供すること。【解決手段】 下記 ...

関連画像

チオウラシル - Wikipedia使用が好ましい第1の光応答性 Propylthiouracil Structural Formula V.1


★リンクテーブル★
関連記事誘導」「誘導体」「」「ウラシル

誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


誘導体」

  [★]

derivativeanalogderivate
アナログ系薬物派生的類縁体類似体類似物派生物類似化合物


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


ウラシル」

  [★]

uracil Ura
2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン 2,4(1H,3H)-pyrimidinedione





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡